« 錦繍の錫杖岳 | トップページ | 静かな谷川岳 一の倉沢 烏帽子岩南稜 »

2009年10月26日 (月)

晩秋の宝剣岳東壁中央稜登攀

こんにちは
少しずつ秋の気配が漂い、朝晩や高山の空気も冷たくなってきました。
中ア宝剣岳の千畳敷カールの紅葉も終わり、昨夜下界で降った雨が少し雪になったようです。
中アルプス 宝剣岳 東壁中央稜登攀
■期日=10月24日(土)~25日(日)
■参加者=O倉さん、T田さん、K林さん、U田さん
Dsc0424910月24日(土)は太刀岡山の小山ロックで岩登り講習を行いました。
久しぶりの”スーパーラット12c”(写真)のトライで背中の筋肉が悲鳴をあげていました。クライミングの後は”むかわの湯”のジェットバスでリハビリです。宿は”ZAS山荘”でした。ビールとサントリーのウイスキー”白州”で深酒しました。
Dsc0425410月25日駒ヶ根菅の台からバスに乗り、ロープウェイで一気に2630㍍の宝剣岳千畳敷に着きます。三つ峠の岩場に行くより早いアプローチです。(往復3800円)背後には南アルプス連峰が雲間に見えます。
Dsc04255

千畳敷から宝剣岳中央稜の取り付まで30分、晩秋でも東側の千畳敷カールは冷たい西風が当たらず花崗岩の硬く傾斜の強い快適なクライミングが楽しめます。
Dsc04256
宝剣岳中央稜の3ピッチ目(草付40㍍Ⅲ級、バンド10㍍Ⅱ級を含む)Ⅳ級A020㍍は3㍍の垂壁をガバとスメアと右足の乗り込みで乗り越す。
4ピッチ目40㍍Ⅲ級は出だしの3㍍のが微妙で後は草つきを登りA0凹角下のテラスでビレー、ハーケン2本なので流動分散のビレー方法で確保支点を作ります。
5ピッチ目 (Ⅳ級A0)はテラス上の凹角の出口が微妙なクライミングから快適な草付リッジの登攀。
6ピッチ目はスラブ(3㍍)を登り20㍍Ⅲ級でA0凹角(5㍍)下のテラスへ。
Dsc04257

7ピッチ目はⅣ級A010㍍の凹角を登り、岩隙間を左にトラバースして”オケラ”クラック下のテラスへ。写真はアルプスの快適な花崗岩の割れ目のオケラクラック(Ⅳ級20㍍)を登り枯れ木テラス前のU田さん。
Dsc04258

8ピッチ目(40㍍Ⅳ級)のオケラクラックの快適なクライミングを楽しむ、T田さん、O倉さん、K林さん。
Dsc04260

9ピッチ目は枯れ木テラスから5㍍の垂壁(Ⅳ級)を登ると這松のリッジになり50㍍で宝剣岳の頂上に飛び出します。
Dsc04261

宝剣岳の頂上で記念撮影。
下山ルートの地獄谷は西風に吹かれることもなく快適に下山しました。

今週の10月31日~11月1日は谷川岳 一の倉沢南稜岩登り講習会の参加者募集中です。
インドアクライミングの参加者を募集中です。
今年の秋11月下旬に桂林/陽朔岩登りツァーに行きます。ぜひご参加下さい。

新講習予定表はhttp://homepage2.nifty.com/zermatt-as/3yote.html#roku=ロッククライミング、岩稜登り、岩壁登攀、アルプス登山、雪山登山、アイスクライミング、雪壁登攀講習等をまとめてみました。

ツェルマットアルピニストスクールのお問合せ、お申込み
■メール(メッセージの作成) ■電話090-3214-8522■FAX043-255-4095

|

« 錦繍の錫杖岳 | トップページ | 静かな谷川岳 一の倉沢 烏帽子岩南稜 »

アルパインクライミング(岩壁登攀)」カテゴリの記事

コメント

商品の到着が早く驚きました
またいいものがあれば購入させていただきたいと思います。
ありがとうございました。

投稿: スーパーコピー 時計 ブルガリ gmt | 2019年9月12日 (木) 00時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋の宝剣岳東壁中央稜登攀:

« 錦繍の錫杖岳 | トップページ | 静かな谷川岳 一の倉沢 烏帽子岩南稜 »