« 宝剣岳から菅の台人工壁クライミング講習2016/6/24 | トップページ | 中ア 宝剣岳中央稜登攀2016/9/10-11 »

2016年8月 4日 (木)

アルプスクライミング講習 2016/7/25-8/17

                    *
●ブログの表題”アムデアルピニスト”はちょっと意味が解りずらかったような気がしましたので、サブタイトルの"アルピニストの心"を表題に変更させて頂きました。
                    *
講習場所=アルプス講習 期 日=2016年7月25日(月)~8月20日(土)
参加者=M本 茂チーフリーダー(43+41) 個人ガイド
( )内は実践講習+インドア講習の参加回数です。
ZASでは参加回数と習熟度に応じて、サブリーダー(12回以上)、リーダー(24回以上)*ZAS登山ガイド、チーフリーダー(36回以上)、★★サブコーチ (48回以上)、★★コーチ(60回以上)*ZAS山岳ガイドと認定させていただいてます。


■7月25日(月) 天候=晴れ
コース=成田駅10:20発~ヘルシンキ~ジュネーブ空港・ノボテル(宿泊)
▼ノボテルでの夕食です。
Dsc00754                       *
■7月26日(火) 天候=晴れ
コース=ノボテル~(レンタカー)~シャモニ(フランス)~スネルスポーツ~シャモニガイド組合~ミディ前ホテル(宿泊)
▼ドソーシュールとジャックバルマの前からモンブランをバックに。
Dsc00756                       *

■7月27日(水) 天候=晴れ
コース=ミディ前ホテル~(ロープウェイ)~エギュードミディ~バレブランシュ~(コスミック岩稜)~エギュードミディ頂上~ミディ前ホテル(宿泊)
▼エギュードミディからバレブランシュ氷河に下る雪稜です。バックはグランドジョラスとエギーユドジュアンです。
Dsc00760
Dsc00768 ▼コスミック岩稜を登攀する先行パーティです。
Dsc00783_2 ▼コスミック岩稜からエギュードミディの頂上を見ました。
Dsc00778                       *
■7月28日(木) 天候=晴れ
コース=ミディ前ホテル~マルテ二~ビスプ~テシュ~ツェルマット・ホテルバンホフ(宿泊)
▼ツェルマットの肉屋さんのソ-セージとビールで昼食です。
Dsc00808                       *


 


■7月29日(金 天候=晴れ、強風
コース=ツェルマット~(ロープウェイ)~シュワルツゼー~ヘルンり小屋(宿泊)
▼ヘルンり小屋の途中です。強風のために登頂を途中で断念したクライマーがいました。
Dsc00820                       *

■7月30日(土) 天候=晴れ、微風マッターホルン登頂 コース=ヘルンり小屋~ソルベイ小屋~マッターホルン頂上~ソルベイ小屋~ヘルンり小屋(宿泊)
▼4:00 ヘルンり小屋を出発しました。
Dsc00824


 ▼6:00 雪の残るピナクルの横をトラバースしました。
Img_3723


 ▼6:33 真上にソルベイ小屋(4000m)が見えてきました。
Img_3728


▼7:36 ソルベイ小屋とマッターホルンの肩の雪田の中間部フィックスロープです。
Img_3733_3


 ▼8:41 肩の雪田でアイゼンを履いて、フィックスロープ手前の急な岩稜を登りました。
Img_3736


 ▼8:52 いよいよヘッドウォールのフィックスロープが見えました。
Img_3738


 ▼10:04 マッターホルン頂上に着きました。
Dsc00832


▼18:30 無事にヘルンり小屋に戻りました。
Dsc00836                       *
<

■7月31日(日) 天候=曇りのち雨
コース=ヘルンり小屋~シュワルツゼー~(ロープウェイ)~ツェルマット~ホテルバンホフ(宿泊)
▼昨夜からの霙交じりの雨でマッターホルンはお天気が悪くなりガイドやお客は一人もいなくなりました。
Dsc00838                       *


 ■8月1日(月) 天候=曇り
コース=ツェルマット~ビスプ~ロイカバード温泉~(ロープウェイ)~ゲンミ峠展望台~ロイカバード温泉~ビスプ~ツェルマット~ホテルバンホフ(宿泊)
▼休養がてら?、ツェルマットから2時間程のロイカバードの温泉に行きました。
プールのジャグジーは気持ちが良かったです。
Dsc00845                       *


 ■8月2日(火) 天候=曇り
コース=ツェルマット(スイス)~フルカパス~クール~ハイジの村~オーストリー~イムスト町・スターホテル(宿泊)
▼イムストの町に泊まりました。夕食に、地ビールと特大?のハンバーグを食べました。
Dsc00869                       *


 ■8月3日(水) 天候=晴れ
コース=イムスト町(オーストリア)~(イムスト人工壁クライミング)~インスブルック~ベルナー峠~(イタリア)~コルチナダンペッツオ・ビラホテル(宿泊)
ワールドカップクライミングで有名なイムスト町はオーストリーのチロル地方の岩壁と山々(2~3000m)に囲まれた美しい所です。
▼イムストのインドアクライミング場で、外の人工壁の巨大なハング(赤ホールド、6a/25m)を登りました。
Dsc00916                       *
2016/8/19-20に行われるイムストワールドカップクライミングに、ロシアのジュニアチーム(10人位)が、熱心にリードオンサイト(8a+位)とスピードクライミングの練習をしていました。
▼女子と男子に驚異的なスピード(15m/5~6秒位)で登る選手がいました。
Dsc00901

                      *

■8月4日(木) 天候=曇り
コース=ビラホテル(イタリア)~アウロンソ小屋駐車場(2320m)~アルピー二礼拝堂~チマ・ピッコラ/チマグランデ間ルンゼ・取り付き~頂上~取り付き~オーロンゾ小屋~コルチナ・ビラホテル(宿泊)
ドライツィンネン【トレチメ】とは3つの頂きという意味で、ラヴァレド小屋からの北壁は壮絶なオーバーハングのその姿は誰もが魅了されます。今回はトレチメの中央峰チマグランデ(2999m)に易しい岩登りの一般ルートから登りました。
▼9:12 アウロンソ小屋下の駐車場から歩き始めました。
Dsc00938 ▼9:49 アルピー二礼拝堂からガレ場のクライマー道をルンゼに向かってを登りました。
Dsc00941 ▼10:52 チマ・グランデの一般ルートの取り付きは、チマ・グランデとチマ・ピッコラを分ける急なガレを詰めて残雪手前の、やさしいクーロワールからアプローチシューズで登り始めます。
Dsc00942 ▼⒒:46 所々にルートの目印があります。
Dsc00950


▼12:07 チマ・グランデ(ドライチンネ)一般ルートの核心部(1pⅢ級/30m,2pⅣ級/30m)の2ピッチ目チムニーの登攀はアプローチシューズでは壁が濡れていて悪かったです。
Dsc00957


 ▼12:27 2ピッチ目の濡れていて悪いチムニーを登る、M本Drです。
Dsc00959


Dsc00962


▼12:56 以前にクライミングしました、エミリオ・コミチの名ルートがある、チマ・ピッコラの岩峰をバックに登ります。
Dsc00964 ▼13:30 チマ・グランデ頂上(2999m)の十字架に着きました。取り付から約3時間でした。鉄箱に入っている登攀者ノートに記帳しました。
Dsc00973


▼⒕:38 下降は主にコンテニュアスでクライミングダウンですが、懸垂下降(25m)を5-6回しました。
Dsc00978 ▼17:12 美しいお花畑を下ってオーロンゾ小屋の歩道につきました。
Dsc00989                       *


 ■8月5日(金) 天候=雨
コース=コルチナビラホテル(イタリア)~ブレンナー峠~インスブルック(オーストリア)~イムスト~チューリッヒ~ルツェルン・アンバサダーホテル(スイス)(宿泊)
▼昨夜は、コルチナビラホテル名物の一人前1.2Kgの牛肉を2人で食べました。
Dsc00994                       *


■8月6日(土) 天候=晴れ
コース=ルツェルン・アンバサダーホテル~インターラーケン~カンデルシュテック~ゴッペンシュタイン~ビスプ~テッシュ~ツェルマット・バンホフホテル(宿泊)
▼カンデルシュテック~ゴッペンシュタインの山越えは、カートレインに乗せて車に乗ったままトンネルを通過しました。
Dsc01006                       *
▼ツェルマットの遊覧ヘリコプターに急遽乗ることになりました。
Dsc01029 ▼操縦士はTシャツに短パンです。4名定員の所を2名で飛んでもらいました。(費用は4名分です)
Dsc01035 ▼ヘリコプターからのマッターホルンのヘルンり稜と北壁や頂上です。
Dsc01046 ▼マッターホルンのヘルンり稜をまじかに見たり、ツェルマット周辺の4000m峰の山々上空から大展望しました。
Dsc01050                       *


 ■8月7日(日) 天候=晴れ
コース=ツェルマット・バンホフホテル(宿泊)
今日は休養日です。
▼ツェルマット駅前のバンホフホテルに泊まりました。
Dsc01080 ▼バンホフホテルの自炊食堂です。
Dsc01078


 *
■8月8日(月) 天候=晴れ
コース=ツェルマット・バンホフホテル~クライミングゲレンデ~ホテルバンホフ(宿泊)
今日はツェルマットの中腹にあるクライミングゲレンデに行きました。
▼マッターホルンの見える古い家の小道を登ります。
Dsc01088 ▼以前に比べて家が多くなりました。
Dsc01089 ▼クラッシックルート(6a/5.10a)をトライしました。
Dsc01098                       *


■8月9日(火) 天候=曇り
コース=ツェルマット~マルティ二(ピエール・ジアナダ美術館)~ゴッペンスタイン~(カートレイン)~インターラーケンオスト~グリンデルワルト・ダービーホテル(宿泊)
▼今日はマルティ二町のジアナダ美術館にいきました。今年はピカソ展でした。ピカソ晩年の作品が多く展示されていました。ジャクリーヌの肖像画が印象的でした。
Dsc01108                       *


 ■8月10日(水) 天候=雨
コース=グリンデルワルト~インターラーケンウエスト~(K-44クライミング場)~グリンデルワルト・ダービーホテル(宿泊)
今日はインターラーケンウエストのK-44クライミング場に行きました。M本Drチーフリーダーは4~6a+(5.10b)迄7-8本登りました。
▼青ホールド5C(仏)=5.9(米)をリードクライミングしました。
Dsc01124_3 ▼1階のクライミングショップで、以前から探していた、マッドロック社のトリガーワイヤーカラビナ165を4個とぺツルのクイックドローとセットをM本Drが買いました。
マスターリードクライミングの時に、これって凄く便利モノなんです
Dsc01132_2                     *
■8月11日(木) 天候=晴れ
コース=グリンデルワルト~ユングフラウヨッホ~メンヒヨッホ小屋~ユングフラウヨッホ~グリンデルワルト・ダービーホテル(宿泊)
今日は天気予報通り晴れましたが、昨晩の雪でフィルストのハイキングコースは雪が降りました。
そこで、予定を変更して、ヨッホ小屋までスノーハイキングを片道1時間弱しました。
▼ホテルダービーから見たアイガーの東山稜です。
Dsc01143 ▼メンヒヨッホ小屋でホットココアを飲みました。
Dsc01164                     *
■8月12日(金) 天候=曇りのち晴れ
コース=グリンデルワルト~インターラーケン~(K-44クライミング場)~インターラーケン~グリンデルワルト・ダービーホテル(宿泊)
今日はフィルストのハイキングの予定でしたが、雲行きが思わしくなく、インタラーケンのインドアクライミング場にいきました。
▼M本Drが6b(5.10c)を一撃トライしました。
Dsc01171Dsc01172 Dsc01173 Dsc01174                     *


 ■8月13日(土) 天候=晴れ
コース=グリンデルワルト~インターラーケン~(カートレイン)~ビスプ~ツェルマット・バンホフ(宿泊)
▼今日は駅前の老舗レストランビクトリアで夕食をたべました。
Dsc01200                     *


 ■8月14日(日) 天候=晴れのち曇り
コース=ツェルマット~クラインマッターホルン~(ブライトホルンハーフトラバース)~ツェルマット・バンホフ(宿泊)
▼10:34 ブライトホルンプラトーからポルックス方面に下ります。
Dsc01206


 ▼⒒:26 
Dsc01213


 ▼⒒:56
Dsc01219 ▼12:33
Dsc01225 ▼13:05
Dsc01230


 ▼13:28
Dsc01233 ▼13:40
Dsc01234 ▼16:08
Dsc01241


 ■8月15日(月) 天候=晴れのち曇り
コース=ツェルマット~ゴルナーグラート~アルプヒュッテ(食堂)~ツェルマット・バンホフ(宿泊)
▼ゴルナーグラートからブライトホルンを見ます。
Dsc01249 ▼ゴルナーグラート鉄道のリュッフルアルプ駅下車徒歩7-8分のアルプヒュッテ(食堂)で美味しい昼食を食べました。
Dsc01286                     *


 ■8月16日(火) 天候=晴れのち曇り
コース=ツェルマット(瑞西)~マルティ二~シャモニ(仏)ラモルガンヌ(宿泊)
▼シャモニのシャモニ針峰群をバックに。
Dsc01297


                    *
■8月17日(水) 天候=晴れのち午後に小雨
コース=シャモニ・ラモルガンヌ~プラ~(ロープウェイ)フレジュール(リフト)ランデックス~ランデックス針峰クライミング~フレジュール~プラ~シャモニ(宿泊)
▼8:34
Dsc01304 ▼9:04
Dsc01309 ▼9:36
Dsc01313 ▼10:20
Photo_2 ▼⒒:04
Dsc01322 ▼⒒:17
Dsc01327_6 ▼⒒:26
Dsc01333


                  *


 ■8月18日(木) 天候=雲りのち午後から小雨
コース=シャモニ・ラモルガンヌ~(モンブラントンネル)クールマイユール(ロープウェイ)~エルブロンネル~エギーユドミディ~クールマイユール~(モンブラントンネル)~シャモニ(宿泊)
▼シャモニからモンブラントンネルを抜けてイタリアのクールマイユールに出ました。
エルブロンネルのロープウェイに乗りました。円形のゴンドラが360°回転しながら登ります。
Dsc01359

             *
                    *
■総合講習予定はこちらです。


 ■クライミングと雪山安全登山に役立つアウトドアクライミング講習は入門・基礎/ビギナー/リード/マスターコースを対象に月1回程度に平日、日曜、祝日に開催してますのでご参加下さい。                     *
                    *
ツェルマットアルピニストスクール講習会の参加者募集中です。 ▲印は募集中で、◎印は催行決定です 2016年
■8月はアルプス講習のため国内の講習はお休みさせていただきます。
■9月10日(土)~11日(日)北ア 北穂高東稜(ゴジラの背)▲4
■9月10日(土)~11日(日)北ア 前穂高北尾根
■9月17日(土)~19日(月)北ア 剣岳 八峰縦走▲3
■9月17日(土)~19日(月)北ア 西穂~ジャン~奥穂岳▲2
■9月22日(祝)三つ峠前夜発岩登り講習▲1
■9月22日(祝)日和田山日帰り岩登り講習▲1
■9月24日(土)~25日(日)北ア 前穂高北尾根▲3
■9月24日(土)二子山中央稜岩登り講習▲1
■9月25日(日)宝剣岳 中央稜岩登り▲1

 ■上記以外の総合講習予定はこちらです。 ■メール(メッセージの作成)zermatt4478as@mbf.nifty.com ■携帯電話メールzermatt-as4478m@ezweb.ne.jp ■電話090-3214-8522■FAX043-255-4095
                                       *
 *
■クライミングと安全登山に役立つインドアクライミング講習は入門・体験/ビギナー/リード/マスター/ステップアップコースを対象に月曜から金曜日まで常時開催してます。すみませんが、毎土、日曜日の講習は都合によりお休みさせていただきます。 インドアクライミング講習は、9月6日(火)から再開させていただきました。ご参加お願いいたします。

|

« 宝剣岳から菅の台人工壁クライミング講習2016/6/24 | トップページ | 中ア 宝剣岳中央稜登攀2016/9/10-11 »

海外登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルプスクライミング講習 2016/7/25-8/17:

« 宝剣岳から菅の台人工壁クライミング講習2016/6/24 | トップページ | 中ア 宝剣岳中央稜登攀2016/9/10-11 »