« インドアクライミング 2019/6/11.13.14. ツェルマットクライミング教室 | トップページ | インドアクライミング教室 2019/6/18.20.21. ツェルマットアルピニストスクール »

2019年6月23日 (日)

マルチピッチ岩登り教室 北杜市 白州町 おむすびボルダー/奥秩父 二子山中央稜マルチクライミング2019/6/15-16 ツェルマットクライミングスクール

T口 S治 サブリーダー実践講習22回目 +インドアクライミング講習 4回目
N平 S三リーダー実践講習 26 回目+ *
H口 M弘 さん 実践講習2 回目+ *
2019/6/15 曇りのち雨 
北杜市 白州町 おむすびボルダー

▼天候不順のため、白州町のサントリーウイスキー工場の奥にある、白州ボルダーに行く林道沿いの苔むした5m程のボルダーで基礎ロープワークの練習をしました。
▼ディジーチェーンのセルフビレーの上でハーフロープの整理の練習をしました。Dsc03559Dsc03560

午後3時頃から雨が降ってきましたので、ツェルマットアルピニストスクール専用のZAS山荘でロープワークのフルコース練習をしました。
Dsc03562

ロープワークのフルコース

①ロープのほどき方。
巻いて整理されているロープは使用する時には慎重に解きましょう。⑴巻いてあるロープの端末が、巻き始めか巻き終わりを確認いたします。⑵巻き終わりのロープを見つけます。⑶巻き終わりロープの末端をW8の字に巻き、ロープ束を慎重に巻き終わりを上側にして置きます。⑷ロープの巻き終わりをトップで登るリーダーに渡します。⑸巻き始めはセカンドクライマーが結びます。⑹リードクライミングの際にスムースにロープにビレイヤーの手元から出ていくことになります。■これらは全て巻かれたロープが丁寧に順序よく巻かれている前提です。■従って、ロープを巻き終わる時に正しく巻かれていなければなりません。■クライミングの所要時間が遅くなる原因の最大の要素はロープドラッグに手間と時間がかかってしまうことです。■もしロープが絡んでロープドラッグが起きた場合は、ロープの中間マーキング点を見つけて、そこから絡みを解して行くと比較的絡みが解けやすくなります。


②トップのセカンドビレーシステム練習。
イ、確保支点の設置(2点/3点の流動・分散支点の設置)→ATCのセカンドビレー→トップとセカンドクライマー間のロープリリース(ルーズロープ/タイトロープ)→マイクロトラクションとシャント又はタイブロック、プーリーによる三分一荷重の引き上げ方法。
Dsc03564

Dsc03566Dsc03569▼ロールンロックのビレーからリリースを練習するH口さんです。Dsc03577
ロ、セカンドクライマーとリードクライマーの確保変更のしかた。
ハ、リードクライマーのロープの出し方、墜落確保の方法。

 ③懸垂下降の安全システム練習。
イ、確保支点の設置(2点/3点の流動・分散支点の設置)→残置ザイルスリングの結び方(Wフィシャーマンノット)→懸垂下降ロープの結び方→腰溜め(バスケット法方)→和式懸垂、仏式懸垂下降の仕方→懸垂下降からの登り返し→登り返しからの懸垂下降。
ロ、懸垂下降ロープの回収方法。
④クラミングロープのまとめ方
イ、クラシックまとめ。(首巻、手持ち、膝捲き)
ロ、レビュファ巻きコイルまとめ方と背負いか方。

 


奥秩父 二子山中央稜マルチクライミング 2019/6/16 晴れ

▼二子山駐車場から股峠を通り、フリークライミングの祠エリア(誰もいない)中央稜の取付きに向かいました。Dsc03578

▼1ピッチ目の上部のトラバース(Ⅳ級/25m)は皆さん苦労しました。
Dsc03580

▼2ピッチ目(Ⅳ級+/35m)を登る先行パーティです。やはり人気ルートなので核心部では順番待ちがおきます。
Dsc03579_20190627120501

▼2ピッチ目下のテラスで時間待ちです。
Dsc03583

▼2ピッチ目上のレッジから下のテラスを見下ろしました。
Dsc03584

▼3ピッチ目(Ⅴ級/35m)下のレッジは満員御礼です。

Dsc03585

▼3ピッチ目下のレッジでのN平リーダーです。

Dsc03586

▼2ピッチ目を登るT口サブリーダーです。

Dsc03588_20190627121301

▼二子山中央稜の核心部3ピッチ目(Ⅴ級/35m)を登る先行パーティです。

Dsc03590

 

▼二子山中央稜の核心部3ピッチ目(Ⅴ級/35m)の下部を登るH口さんです。
Dsc03594

▼3ピッチ目の快適な上部を登るN平リーダーです。

Dsc03596

▼3ピッチ目の快適な上部を登るH口さんです。

Dsc03598

▼3ピッチ目上の大バンドでH口さんをマイクロトラクションでビレーするT口サブリーダーです。

Dsc03599

▼4ピッチ目(Ⅳ級/20m)のハングを登る先行パーティです。
Dsc03603

▼5ピッチ目(Ⅲ級+/20m)を登る先行パーティです。
Dsc03600

▼4ピッチ目上のテラスでATCでビレイするT口サブリーダーと先行パーティのビレイヤーです。
Dsc03601_20190627123401
■午後からは猛烈な風で吹き飛ばされそうになりシリアスなクライミングになりました。

■5~6ピッチは快適なライムストーンのクライミングでした。

■二子山 西岳 中央稜の登攀終了点からは、鎖の撤去されてすっきりした上級者コースを下降しました。

■下山後の温泉は両神温泉に入浴しました。

 ■お疲れ様でした🐱
■クライミングと雪山安全登山に役立つアウトドアクライミング講習は入門・基礎/ビギナー/リード/マスターコースを対象に平日、日曜、祝日に開催してますのでご参加下さい。

■クライミングと安全登山に役立つ インドアクライミング講習は入門・体験ビギナー(トップロープ)/リードクライミング講習/マスター/ステップアップコースを対象に月曜から日曜日まで常時開催してます。ご参加下さい。                    

ツェルマットアルピニストスクール 講習会の参加者募集中です。
■岩登り教室(アルパインクライミング)
■インドアクライミングスクール
■岩稜縦走講習
■岩壁登攀講習
■上記以外の総合年間講習予定はこちらです。
■メール
(メッセージの作成)zermatt4478as@mbp.nifty.com ■携帯電話メールzermatt4478@ezweb.ne.jp ■電話090-3214-8522■FAX043-255-4095

アルパインガイド
桑原清

|

« インドアクライミング 2019/6/11.13.14. ツェルマットクライミング教室 | トップページ | インドアクライミング教室 2019/6/18.20.21. ツェルマットアルピニストスクール »

マルチ岩登り講習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インドアクライミング 2019/6/11.13.14. ツェルマットクライミング教室 | トップページ | インドアクライミング教室 2019/6/18.20.21. ツェルマットアルピニストスクール »