旅行・地域

2011年8月10日 (水)

ツェルマット バンホフホテル 8/9. 8/10.

8月9日(火)14:30 天候=晴れ時々曇りP8090012マッターホルンの雪は気温が低くてなかなか融けませんです。バンホフホテルにも日本人の方が数人天気待ちの方が居られますが、ガイドセンターからなかなかOKの連絡がないようです。ガイド部屋いるの地元外のガイドさんもちょっと閑そうです。マッターホルンの可能性が低いのでモンテローザを薦められているようですねー。

マッターホルン登頂ツァーの時に宿泊する、バンホフホテルの宿を紹介します。
P8030002P8030001


P8030006


P8090001


P8090002


P8090003


P8090005


P8090004


P8090009_2


P8090011

8月10日(水) 天候=晴れ 気温=低め
■わー大変です、朝おきたら携帯電話の液晶画面がとんでしまい、故障してしまいました。これから、モンブラン、マッターホルン、アラリンホルンと行かなくてはならないのに困りました。
■今日はジュネーブでモンブラン組と合流です。携帯電話屋さんがあるのでしょうか?ツェルマットは見かけないですが?
■すみませんが、連絡はとりあえず、パソコンのメールの方にお願いいたします。

ヨセミテツァーの概略が、パソコンの具合でホームページに載せられませんので、ブログに引き続き掲載させて戴きます。
アメリカ・カリフォルニア ヨセミテ国立公園
ハーフドーム登頂とクライミングの旅
■期日=2011年9月13日(火)~19日(祝) 7日間
■費用=参加費12万円(最低催行人員3名から6名)
*現地の交通費(レンタカー代均等割り)、宿泊費、食費その他は自弁です。
*航空運賃は10万円前後(その他諸費用)です。
*講師の現地の交通費、宿泊費、食費その他は参加者の均等分担でお願いします。
■宿泊
  ヨセミテでは荷物を少なくするためカリービレッジのテントキャビンに宿泊(5月)。毛布
  シーツ、枕完備。キャビン内での自炊は不可。、シュラフ持参等
  平日は約50ドルで、金、土は約100ドル。
■食事
 カリービレッジにはビュッフェが
  あり、5時半から17ドルで食べ放題。キャビン前での食事は黙認のようです。
  飲食物は、必ず鉄製のフードロッカーに保管を。テント内にはおかないこと。
■用具
 *登攀用具一式(シャント含)、皮手袋、フリクションの良いアプローチシューズ、
 *生活用具 薄いシュラフ、パイルジャケット、薄い羽毛服、洗面用具、 
■日程
09/13 JL7016 東京(TYO)/成田(NRT) 15:25 ロサンゼルス(LAX)/ロサンゼルス(LAX) 09:20 0 9
09/13 JL7508 ロサンゼルス(LAX)/ロサンゼルス(LAX) 14:30 フレズノ(FAT)/フレズノ(FAT) 15:25 0 9
09/13 in 14 out フレズノのホテル泊
09/14 フレズノー(往復レンタカー)ヨセミテ 3時間(クライミングとグレッシャーポイント観光)
09/15 クライミングとトゥラミメドウ観光  
09/16 ハーフドームクライミング
駐車場(アッパーパイン)から10分のハッピーアイルに行きます。カリービレッジを出発して道沿いにトレイルを行きます。橋の手前に看板あり。割りに大回りして30分くらいで通常のトレイルと合流して1時間でバーナルフォール(舗装道路)が見え、きつい石の階段登りです。バーナルフォールからさらに歩くとネバダフォールが見えてます。
ここは向かって左側のトレイルを登る。ここを登りきった所にトイレがあるので一休憩。ここまでで2時間位かかります。トイレから5分位でマーセド川に降りれるヨセミテリトルビレッジです。テント張りたいような所です。
ヨセミテリトルビレッジのキャンプ場からトレイルは傾斜が緩く大回りします。
なだらかな登りから、最後の手前の斜面は距離は短いけど傾斜がきついです。
頂上は広く人が多い。13時頃到着予定。登りに6時間かかります。
下りはのワイヤーは滑落事故の多いところです。そこからは、緩やかな降りです。
行きはミストトレイルなので帰りは、ネバダフォールの分かれジョンミューアトレイル方面へ。
ジョンミューアトレイルからは、ネバダフォール、ハーフドームも見えます。
このトレイルは、馬車道のためか平坦だけど馬糞と細かいつづら折の続く道です。
ガイドブックのコースタイムでは往復10時間くらいで17時位にカリービレッジに到着予定です。
09/17 ヨセミテ午前中クライミング(3時間)-フレズノホテル泊
09/18 JL7509 フレズノ(FAT)/フレズノ(FAT) 09:05 ロサンゼルス(LAX)/ロサンゼルス(LAX) 10:10 0 9
09/18 JL61 ロサンゼルス(LAX)/ロサンゼルス(LAX) 13:30 東京(TYO)/成田(NRT)翌日16:50
09/19 13:30 東京(TYO)/成田(NRT)
■参加ご希望の方は、お電話、メールでご連絡下さい。(できましたら、お名前のローマ字表記をお願いします)


ツェルマットアルピニストスクール
講習会の参加者募集中です。

■7月20日より アルプスの講習会(モンブラン、マッターホルン、アラリンホルン(残席あり)に出かけさせていただいてます。
パソコンと国際携帯電話を持参しています。■メール
(メッセージの作成)zermatt4478as@mbp.nifty.com
ご連絡お願いいたします。国内講習会は9月から再開いたします。■9月10日(土)~12日(月)北ア 西穂~ジャンダル~奥穂高岳登頂■9月13日(火)~19日(月)  7日間アメリカ ヨセミテ渓谷 ハーフドーム登頂(詳細はメールでお問い合わせ下さい)■9月9月13日(火)~19日(月) 北ア 剣岳・チンネ左稜線登攀/span>■9月23日(祝)~25日(日) 北ア 槍ヶ岳北鎌尾根

■インドアクライミング講習会は常時開催してます。
7月~8月のお申し込みは、植田講師(090-4076-6244)迄お願いいたします。お知らせ、8月22日から9月1日迄アルプス研修でお休みさせていただきます。■上記以外の講習予定はこちらです。
■メール(メッセージの作成) zermatt4478as@mbp.nifty.com
■携帯電話メールzermatt4478@ezweb.ne.jp
■電話090-3214-8522■FAX043-255-4095

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 6日 (土)

ツェルマットからザースフェーへ  8/5

2011年8月6日(土) ツェルマット(スイス) 天候=曇り
2008年11月から始めさせていただきましたこの” AME D'ALPINISTE”(アムデアルピニスト)はおかげさまで2年10ヶ月ほどになりました。読んでいただいてありがとうございます。
先日来、写真をブログに載せようとしましたら”このファイルをアップロードするのに十分なディスクスペースがありません。” と表示が出てしまい載りませんでした。
試行錯誤の末、ブログのコントロールパネルで見てみましたら、2000MB の容量を使い切ってしまったようです。
昨夜はコントロールパネルや不要なブログを削除したりしてウロウロしました。
一晩寝てシャワーを浴びたら、”そうかと容量を増やせば良いと気がつきました”(遅い)ただブログから有料ブログに切替えて容量が5000MB になりました。これで安心して、ブログの写真が沢山載せられるようになりました。
ツェルマットからザースフェーへ 8/5
アルプスツァー最後のアラリンホルンとワイズミースの基地になるザースグルントの宿泊施設を探しに行きました。

P8050009ザースフェーからアラリンホルン(4027m)方面を見ましたが雲りです。最近できた、ビア・フェラータのコースがあるミッターグホルン(3143m)までしか見えませんでした。14:30

P8050006_2

ザースフェーのインフォメーションは日本語の案内書と親切な日本人スタッフがいました。14:50
ザースフェーからザースグルントの下山ハイキング

P8050010

ピンク色の花が咲いていました。

P8050014

ザースフェーの立体駐車場の下にボルダー的な小さな岩場がありました。15:02

P8050016

前傾壁のボルダーA(仮称)があります。15:04

P8050020_2

さらに被ったボルダーB(仮称)にチョークがついていました。15:06

P8050026

チャペルロードを下りて行くと小さな教会がありました。

P8050024

紫色色の花が咲いていました。

P8050031

このような小チャペルが50m程の間隔で建っていて、登ってくるハイカーが中を覗き込んでいました。
P8050028小チャペルの中にはキリスト受難伝説の物語の人形がありました。

P8050034

途中の展望台からザースグルントの街が見えます。15:20

P8050036_2

凄いゴルジュの渓谷に長ーいハシゴの釣橋があります。今はやりの、峡谷のフェラータのコースの一部ですかねー15:24

P8050040_3

30分位降りるとスラブのロックゲレンデがありました。ボルト間隔がインドアよりも近いようです。

P8050043

ハイキングロードの指導表です。チャペルロードはオートキャンプ場からNO6です。カペルウェグ(独)と読めます。
ザースフェーの街はお隣のメジャーになったツェルマットに比べるととても静かで気分の良い所です。
高所の登れるロープウェイも多くあり雪山登山のアプローチも近く4000m峰が3~5時間で登れます。



ツェルマットアルピニストスクール
講習会の参加者募集中です。
■7月20日より アルプスの講習会(モンブラン、マッターホルン、
アラリンホルン(残席あり)に出かけさせていただいてます。
パソコンと国際携帯電話を持参します。ご連絡お願いいたします。
国内講習会は9月から再開いたします。
■9月10日(土)~12日(月) 北ア 西穂~ジャンダル~奥穂高岳登頂
■9月13日(火)~19日(月)  7 日間 アメリカ ヨセミテ渓谷 ハーフドーム登頂
(詳細はメールでお問い合わせ下さい)
■9月17日(土)~19日(月) 北ア 剣岳・チンネ左稜線登攀
■9月23日(祝)~25日(日) 北ア 槍ヶ岳北鎌尾根

■インドアクライミング講習会は常時開催してます。
7月~8月のお申し込みは、植田講師(090-4076-6244)迄お願いいたします。 お知らせ、8月22日から9月1日迄アルプス研修でお休みさせていただきます。 ■上記以外の講習予定はこちらです。

■メール(メッセージの作成) zermatt4478as@mbp.nifty.com
■携帯電話メールzermatt4478@ezweb.ne.jp
■電話090-3214-8522■FAX043-255-4095
P8050002ツェルマットからザースフェーへ行く時の乗換え駅(シュタルデン)のトイレは改装され美しくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 5日 (金)

ツェルマットの休日 8/4. 8/5.

8月4日(木) 天候=晴れ時々曇り 日本の菊池サブリーダーから地球の高層天気図を送っていただきました。
ありがとうございます。

Samplemap1_1_2

北半球500hPa高度・気温天気図(AUXN50)
下部の青い部分がヨーロッパです。ペイントに乗せてツェルマットと”L"=低気圧を表示してみました。
今日は菊池サブリーダーさんからメールをいただきました。
ZASのリーダークラスで自主トレーニングで穂高に行くそうです。
写真がブログに”このファイルをアップロードするのに十分なディスクスペースがありません。” と表示が出てしまい写真が載せられなくなってしまいました。
バンホフホテルの跡継ぎファビアン・ローバー(ラゥバー)さんに、プライベートIDをいただいてやっとホテル内でインターネットができるようになりました。

P8050001先週はガイド仕事で3日間もヘルンリ小屋に居たそうです。バンホフのビーナー家の跡継ぎに親戚のローバー(ラゥバー)家がガイド兼小屋のマスターとして頑張っています。

P8040001_2ツェルマット駅前で男性のアルプホルンと女性のケーナの演奏がありました。




ツェルマットアルピニストスクール
講習会の参加者募集中です。
■7月20日より アルプスの講習会(モンブラン、マッターホルン、
アラリンホルン(残席あり)に出かけさせていただいてます。
パソコンと国際携帯電話を持参します。ご連絡お願いいたします。
国内講習会は9月から再開いたします。
■9月10日(土)~12日(月) 北ア 西穂~ジャンダル~奥穂高岳登頂
■9月13日(火)~19日(月)  7 日間 アメリカ ヨセミテ渓谷 ハーフドーム登頂
(詳細はメールでお問い合わせ下さい)
■9月17日(土)~19日(月) 北ア 剣岳・チンネ左稜線登攀
■9月23日(祝)~25日(日) 北ア 槍ヶ岳北鎌尾根

■インドアクライミング講習会は常時開催してます。
7月~8月のお申し込みは、植田講師(090-4076-6244)迄お願いいたします。

■上記以外の講習予定はこちらです。
■メール(メッセージの作成) zermatt4478as@mbp.nifty.com
■携帯電話メールzermatt4478@ezweb.ne.jp
■電話090-3214-8522■FAX043-255-4095

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツェルマットの休日 8/2. 8/3.

P8040001

8月2日(土) 天候=快晴 気温=20度位
ツェルマットにきてからの初めての終日の快晴です。マッターホルンの雪もだいぶ溶けてきました。
 11:33 8月3日(日) 天候=曇りのち雷雨 気温=低め

P8030004

 12:59 バンホフの居間で本棚にありました、”成瀬岩雄遺稿集”を読みました

P8030005_2

 13:01 突然のように雷がなって激しい雨が降り出してきました。
バンホフのインターネットが繋がらなくて、毎日、シュバイツァーホッフで生ビール代6SFFを払ってメールチェックとブログを書いています。

ツェルマットアルピニストスクール
講習会の参加者募集中です。
■7月20日より アルプスの講習会(モンブラン、マッターホルン、
アラリンホルン(残席あり)に出かけさせていただいてます。
パソコンと国際携帯電話を持参します。ご連絡お願いいたします。
国内講習会は9月から再開いたします。
■9月10日(土)~12日(月) 北ア 西穂~ジャンダル~奥穂高岳登頂
■9月13日(火)~19日(月)  7 日間 アメリカ ヨセミテ渓谷 ハーフドーム登頂
(詳細はメールでお問い合わせ下さい)
■9月17日(土)~19日(月) 北ア 剣岳・チンネ左稜線登攀
■9月23日(祝)~25日(日) 北ア 槍ヶ岳北鎌尾根

■インドアクライミング講習会は常時開催してます。
7月~8月のお申し込みは、植田講師(090-4076-6244)迄お願いいたします。

■上記以外の講習予定はこちらです。
■メール(メッセージの作成) zermatt4478as@mbp.nifty.com
■携帯電話メールzermatt4478@ezweb.ne.jp
■電話090-3214-8522■FAX043-255-4095

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 3日 (水)

ツェルマットの休日 7/30. 7/31. 8/1.

場 所=2011年の夏 ツェルマット

Dsc03971

7月30日(水) 天候=曇り 気温=12度
午後のマッターホルン16:27

P7310006

7月31日(木) 天候=曇り 気温=12度 風力=1
妙高で昼食、実は10数年ツェルマットにきてますが入ったの初めてです。 12:17

P7310008

妙高で2度目の天麩羅うどん、お稲荷さんが美味しかったです。12:31

P7310009

ホテル・バンホフ玄関前のアルプス三名花。
白いエーデルワイス、紫色のエンチャン、赤いアルペンローゼです。13:05

P7310010

ホテル・バンホフからマッターホルンは雲の中です。

P8010013_5

8月1日(金) 天候=曇り 気温=13度
空港でチェックインを済ませてから、ホテルでいただいたランチボックスで朝食です。9:54

P8010016

日本に帰国の途につくM本ドクターです。
帰られてから電話ありがとうございました。天気や体調がいまひとつでした。

ツェルマットアルピニストスクール
講習会の参加者募集中です。
■7月20日より アルプスの講習会(モンブラン、マッターホルン、
アラリンホルン(残席あり)に出かけさせていただいてます。
パソコンと国際携帯電話を持参します。ご連絡お願いいたします。
国内講習会は9月から再開いたします。
■9月10日(土)~12日(月) 北ア 西穂~ジャンダル~奥穂高岳登頂
■9月13日(火)~19日(月)  7 日間 アメリカ ヨセミテ渓谷 ハーフドーム登頂
(詳細はメールでお問い合わせ下さい)
■9月17日(土)~19日(月) 北ア 剣岳・チンネ左稜線登攀
■9月23日(祝)~25日(日) 北ア 槍ヶ岳北鎌尾根

■インドアクライミング講習会は常時開催してます。
7月~8月のお申し込みは、植田講師(090-4076-6244)迄お願いいたします。

■上記以外の講習予定はこちらです。
■メール(メッセージの作成) zermatt4478as@mbp.nifty.com
■携帯電話メールzermatt4478@ezweb.ne.jp
■電話090-3214-8522■FAX043-255-4095

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月31日 (日)

ツェルマットの休日 7/29.

マッターホルンは今日もの曇に巻かれて雪が融けません。
2011年7月29日(金) 天候=曇り時々晴れ
休養日なので、ツェルマットの街外れにある、40年以上前からの電気自動車の町工場と、エアーツェルマットのヘリポート事務所に行きました。

Dsc03880

ホテルの朝食です。コーヒー、紅茶、パンが付きました。

Dsc03851_2

ホテル横のレストランでスイスワイン入りのスープを頂きました。

Dsc03854

マッターホルンは雲の中です。

Dsc03855_2

電気自動車の町工場の中です。右のタンクローリーも電気自動車です。

Dsc03857

エアーツェルマットのヘリポート事務所です。

Dsc03858

ヘリポート事務所で山岳保険のシールをたくさんもらいました。

Dsc03864

ホテルの送迎用の馬がいました。

Dsc03867_3

ツェルマットの駅からビスプ行きの登山電車が行きます。

Dsc03873

スネガのアルプから飛んだパラパントが着陸しました。

Dsc03875

花が実に綺麗です。
のんびりとした一日になって良かったでした。

ツェルマットアルピニストスクール
講習会の参加者募集中です。
■7月20日より アルプスの講習会(モンブラン、マッターホルン、 アラリンホルン(残席あり))に出かけさせていただきます。
パソコンと国際携帯電話を持参します。ご連絡お願いいたします。
国内講習会は9月から再開いたします。
■9月10日(土)~12日(月) 北ア 西穂~ジャンダル~奥穂高岳登頂
■9月14日(水)~20日(火)  7 日間 アメリカ ヨセミテ渓谷 ハーフドーム登頂
■9月17日(土)~19日(月) 北ア 剣岳・チンネ左稜線登攀
■9月23日(祝)~25日(日) 北ア 槍ヶ岳北鎌尾根

■インドアクライミング講習会は常時開催してます。
7月~8月のお申し込みは、植田講師(090-4076-6244)迄お願いいたします。

■上記以外の講習予定はこちらです。
■メール(メッセージの作成) zermatt4478as@mbp.nifty.com
■携帯電話メールzermatt4478@ezweb.ne.jp
■電話090-3214-8522■FAX043-255-4095

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月28日 (木)

ツーン湖からインターラーケン街までの船の旅

今日は休養日となり、ツェルマットからツーンの街に行き、湖の遊覧船でインターラーケンの街まで行きました。
2011年7月27日(水) 天候=~時々 気温=17℃位 湿度=高め 風力=0 
参加者=M本ドクター

Dsc03767

朝の食堂はアジアの人達でいっぱいです。皆さんリッフェル・ゼーのハイキングの前です。7:06

Dsc03768

ツェルマット駅前のホテルインフォメーションの前です。10:13

Dsc03771

テッシュ村の下のランダの村の裏岩山が15年前に大規模に崩壊し、一時的にランダ湖が出来た跡です。11:02

Dsc03773チューリッヒから直通列車が来て立派になったビスプ駅とツェルマット行きの展望の良い素晴しい登山電車です。11:51

Dsc03775 ツーン駅の有料トイレは1.5SF でした。出るときに隙を見て男性がパスしてきました。12:47

Dsc03776

ツーン街の美しい水門の橋です。13:09

Dsc03786

ツーン湖の古いお城のような家です。14:50

Dsc03788

小雨が降ってきたので、船内のレストランでお茶を飲みました。15:24

Dsc03789

美味しいカプチーノです。15:44

Dsc03792

クラッシックな外輪船の船がスピーズの街に向かいます。16:00

Dsc03795

インターラーケンの街に着きました。16:49

Dsc03796

何度か登った事のあるインターラーケンのクライミングジムです。16:57

Dsc00186

1階は登山ショップで2階からクライミングジムになっています。
お父さんと子供が登っていました。17:13

インターラーケンからは電車でスピーズで乗り換え、ビスプでツェルマット行きの登山電車で戻りました。夕飯はマックのハンバーガーを買って食べました。

ツェルマットアルピニストスクール
講習会の参加者募集中です。
■7月20日より アルプスの講習会(モンブラン、マッターホルン、
アラリンホルン(残席あり)))に出かけさせ ていただきます。
パソコンと国際携帯電話を持参します。ご連絡お願いいたします。
国内講習会は9月から再開いたします。
■9月10日(土)~12日(月) 北ア 西穂~ジャンダル~奥穂高岳登頂
■9月17日(土)~19日(月) 北ア 剣岳・チンネ左稜線登攀
■9月23日(祝)~25日(日) 北ア 槍ヶ岳北鎌尾根

■インドアクライミング講習会は常時開催してます。
7月~8月のお申し込みは、植田講師(090-4076-6244)迄お願いいたします。

■上記以外の講習予定はこちらです。
■メール(メッセージの作成) zermatt4478as@mbp.nifty.com
■携帯電話メールzermatt4478@ezweb.ne.jp
■電話090-3214-8522■FAX043-255-4095

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月23日 (土)

リュッフェル・ゼーハイキング

7月22日(金) 天候=
リュッフェル・ゼーのハイキング
コース=ツェルマット時発~ロートボーデン駅~リュッフェル・ゼー~リュッフェル・ベルグ駅~ツェルマット~(ホテル宿泊)
軽く運動にリュッフェル・ゼーのハイキングに行きました。標高2800m程は気温12℃と低く寒かったです。

Dsc03599シュバィザァーホッフのテラスからのマッターホルンです。7:39

Dsc03602マッターホルンが昨日の降雪で真っ白で撃つ美しいですがこれでは登れません。7:39

Dsc03613静かなツェルマットの古い家の路地です。10:37

Dsc03614ツェルマットの古い家の路地にある90歳でマッターホルンに登った長寿ガイドの記念碑です。10:37

Dsc03623_2ツェルマット街の散歩からゴルナーグラート行きの登山電車に乗り、ローテンボーデンで降りました。
ブライトホルンが新雪に輝いています。12:36

Dsc03626逆さマッターホルンの写るリッフェルゼーです。12:47

Dsc03638_2リッフェルゼーから下る途中の高山植物です。13:06

Dsc03640昔ぶら下がった事のあるマッターホルン岩(仮称)と雲に隠れたマッターホルン。13:08

Dsc03645リュッフェル・ベルグ駅を見下ろしながら下山ハイキングです。気温12℃と肌寒い陽気に手袋をしています。13:24

Dsc0364813:32

Dsc0363813:33

Dsc0365113:33

Dsc03654リュッフェル・ベルグ駅の新しいレストランでランチしました。13:45

明日はブライトホルンの高度馴化に登ります。

ツェルマットアルピニストスクール
講習会の参加者募集中です。
■7月20日より アルプスの講習会(モンブラン、マッターホルン、アラリンホルン等)に出かけさせていただいてます。
パソコンと国際携帯電話を持参します。ご連絡をお願いいたします。
国内講習会は9月から再開いたします。
■9月10日(土)~12日(月) 北ア 西穂~ジャンダル~奥穂高岳登頂
■9月17日(土)~19日(月) 北ア 剣岳・チンネ左稜線登攀
■9月23日(祝)~25日(日) 北ア 槍ヶ岳北鎌尾根

■インドアクライミング講習会は常時開催してます。
7月~8月のお申し込みは、植田講師(090-4076-6244)迄お願いいたします。

■上記以外の講習予定はこちらです。
■メール(メッセージの作成) zermatt4478as@mbp.nifty.com
■携帯電話メールzermatt4478@ezweb.ne.jp

■電話090-3214-8522■FAX043-255-4095

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年7月22日 (金)

成田からチューリッヒ、ツェルマットへ

前書き
講習場所= マッターホルン
参加者=M本ドクター(多) ( )内は参加回数です。
ZASでは参加回数と習熟度に応じて、■サブリーダー(SL 12回以上) ■リーダー(L 24回以上)と認定させていただいてます。
7月21日(木)  天候=
チューリッヒからツェルマットへ
コース=チューリッヒ7:43発~Visp~Zarmatt11:14着(3時間31分/凄く早くなりました)(ホテル宿泊)

Dsc03575_3なんと、送迎バスを止したノボテルの前にトラムが走っています。タクシーで25SF も取られました

Dsc03579チューリッヒ駅のツーリスト事務所でスイスパスを買いました。

Dsc03580左下/スイスパス、左上/行き先別の時刻表は便利です。中/スイス案内、ツェルマット案内

Dsc03581チューリッヒ駅のホームの案内

Dsc03582_3スイス新聞の天気予報図です。

Dsc03586ツェルマットの駅前から白いマッターホルンをバックに。

Dsc03591ホテルの1階のレストランで昼食をしました。
ミックスサラダ、スープ、パン、ビール、ジュースと飯盒の深い上蓋に入った”肉入りポトフ”を食べました。

Dsc03594由緒あるモンテローザホテルのウィンパー像の前で。

Dsc03595マッターホルン博物館に入って、切れた麻ザイル(ロープ)を40年ぶりにみました。何か凄いですねー

夜はパソコンでスイスのホテル予約は疲れました。ホテルの豪華サウナに入りました。

ツェルマットアルピニストスクール
講習会の参加者募集中です。
■7月20日より アルプスの講習会(モンブラン、マッターホルン、アラリンホルン等)に出かけさせ ていただきます。
パソコンと国際携帯電話を持参します。ご連絡お願いいたします。
国内講習会は9月から再開いたします。
■9月10日(土)~12日(月) 北ア 西穂~ジャンダル~奥穂高岳登頂
■9月17日(土)~19日(月) 北ア 剣岳・チンネ左稜線登攀
■9月23日(祝)~25日(日) 北ア 槍ヶ岳北鎌尾根

■インドアクライミング講習会は常時開催してます。
7月~8月のお申し込みは、植田講師(090-4076-6244)迄お願いいたします。

■上記以外の講習予定はこちらです。
■メール(メッセージの作成) zermatt4478as@mbp.nifty.com
■携帯電話メールzermatt4478@ezweb.ne.jp

■電話090-3214-8522■FAX043-255-4095

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月29日 (日)

タムユウさんのヒマラヤトレッキング

前書き
ヒマラヤやアンデス等のトレッキングや高所登山のために講習会に参加いただく、タムユウさんがインドヒマラヤのマッターホルンのシブリン峰(6543m)のトレッキングの写真を送っていただきました。

桑原 清 様

 4月23日(日)~5月7日(土)まで14日間インド・ガンゴトリ氷河末端(ガンジスの最初の一滴)と
シブリン-6543m (インドのマッターホルン)・ベースキャンプ(タポバン 4463m)へ行ってきました。
山歩きはガンゴトリ(3048m)⇒シブリン・ベースキャンプ(タポバン-4450m)2泊⇒ガンゴトリで、
現地でガイド、コック、ポータ3名計5名と合流し、5泊6日のテント泊でした。
行き帰り2度お腹をこわし、ニューデリーで悪質なガイド・ドライバーに150ドルとられた以外(十分!!)、
インド特急の安価にもかかわらず素晴らしサービスとインドヒマラヤの良い天気と眺望に恵まれ快適な山行でした。
現地旅行社依頼(ネット、日本語で交渉可)で自己の都合に合わせた、比較的安価(<$4000)な個人山行をお勧めします。!!!
山の写真は1/4圧縮ですので多少画質が落ちますが送信量の都合でご容赦を!!! 説明はファイル名で代用させていただきます。

田村 雄一

Bhagirathi6856mBhagirathi-6856m
2001/04/29 13:32

Bhagirathi_gangotri_glacier_shivlinBhagirathi & Gangotri Glacier & Shivling
2001/04/29 14:35

X3現地ガイド、コック、ポータx3
2001/04/30 14:17

6660mメルー6660m
2001/04/30 16:58

Photo朝焼けのシブリンとメルー
2001/05/01 9:32

Photo_2朝日のシブリンとメルー
2001/05/01 9:43

6543m朝焼けのシブリン6543m
2001/05/01 9:44

6831m6940mガンゴトリ氷河とケダルナートドーム6831m、ケダルナート6940m
2001/05/01 14:33

Photo_3ベースキャンプ付近のアイベックス
2001/05/01 14:52

Photo_4バギラッティ、ガンゴトリ氷河とケダルナートドーム
2001/05/01 14:56

6660m_2朝のシブリンとメルー6660m
2001/05/02 10:17

Photo_5ベースキャンプ(4450m)から見たシブリンとメルー
2001/05/02 11:38

Photo_6

ケダルナートドームとシブリン
2001/05/02 12:03

Photo_7

氷河上のガイドたちとシブリン
2001/05/02 13:30

Photo_8

ガンゴトリ氷河末端-ガンジス最初の一滴
2001/05/02 14:38

Photo_9

ガンゴトリ氷河末端とバギラッティ(6856m)
2001/05/02 14:38

後書き
K原も30年程前にインドヒマラヤのデオテバ周辺のトレッキングツァーを2回ほどしました。また、当時未踏峰のビハーリジョット(6200m)に挑戦しました。
ガンゴトリ周辺の怪峰シブリンは以前より有名でしたし一度は行って見てみたい山でした。
こんな素晴しいピークや岩壁に自分のラインが引けたら最高でしょうねー、アルピニストならばねー

ツェルマットアルピニストスクール
講習会の参加者募集中です。
■6月4日(土)~5日(日) 北ア 前穂高岳(北尾根より)登頂
■6月11日(土)~12日(日) 北ア 明神岳岳(東稜より)登頂
■6月18日(土)~19日(日) 谷川岳 一の倉沢 南稜
■6月25日(土)~26日(日) 御坂 三つ峠天狗岩 宝剣岳和合岩稜
■7月2日(土)~4日(月)(変更しました) 北ア 剣岳(源冶郎尾根より)登頂
■8月 アルプス・ マッターホルン アラリンホルン、ワイズミース ドロミテ チマグランデ岩登り

■インドアクライミング講習会は常時開催してます。

■上記以外の講習予定はこちらです。
■メール(メッセージの作成) zermatt4478as@mbp.nifty.com
■携帯電話メールzermatt4478@ezweb.ne.jp
■電話090-3214-8522■FAX043-255-4095

| | コメント (0) | トラックバック (0)