海外フリークライミング

2013年8月25日 (日)

セユーズの日々

8月18日(日)から25日まで南仏、GAP町のセユーズの岩場でフリークライミング講習をしました。
参加者はG田さんです。
・これが有名なバイオグラフィ9a+(リアライゼーション5.15a)です。
Dsc00804
・若いクライマーが取り付きのボルダームーブをトライしてました。
Dsc00857
セユーズのデミルナ(半月)エリアです。下部(35m)は6a(5.10ab)~7a(5.11d)の壁で上部ハングは8a(5.13b)~8b(5.13d)位です。
Dsc00810_3
                      *


ツェルマットアルピニストスクール講習会の参加者募集中です。

お願い:8月の国内のアルパイン講習はお休みです。インドア講習は行います。よろしくお願いいたします。

■8月3日(土)~10日(土) 8日間アルプス モンブラン登頂
■8月10日(土)~17日(日) 9日間アルプス マッターホルン登頂
■8月31日(土)~9月1日(日) 三つ峠マルチピッチ登攀
■9月7日(土)~9日(月) 北ア  西穂~ジャン~奥穂縦走▲◎
■9月14日(土)~15日(日) 小鹿野・二子山マルチ登攀
■9月14日(土)~16日() 剣岳・チンネ左稜線登攀
■9月14日(土)~15日(日) 長野・小川山マルチ登攀
■9月21日(土)~23日() 北ア 槍ケ岳 北鎌尾根
■9月28日(土)~29日(日) 北ア 前穂高岳 北尾根
■9月28日(土)~29日(日) 甲府幕岩・太刀岡山左岩稜マルチ登攀
◎印は催行決定です、▲印は募集中です
■上記以外の講習予定はこちらです。
■メール(メッセージの作成)zermatt4478as@mbf.nifty.com
■携帯電話メールzermatt-4478as@ezweb.ne.jp
■電話090-3214-8522■FAX043-255-4095

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月29日 (木)

韓国インスボンクライミング 2010/4/24-27.

韓国インスボンクライミング
期日=2010年4月24日(土)~27日(火)
参加者=F藤さん、TK松さん、IN鼻さん、SG山さん、NS原さん
4月24日(土)
成田発9:45→仁川12時(ジャンボタクシー10万ウオン7人)ウイドン安ホテル(1泊3000円)着15時頃(町の登山用具屋巡り)
<4月25日(日)
インスボン コードックウィキル稜登攀(6p 5.7 2h)
 

Ca3b0006

朝8時、ウイドン街の食堂は早起きです。朝食に細麺のうどんと海苔巻き寿司です。

 

Ca3b0007

ウイドン街のバス停でインスボンをバックに。これから、ウイドンから参詣バスに乗り15分程(1人500ウオン)でトソンサに行きます。

Ca3b0009

お寺に御参りする人や白雲台に登るハイカー、ザイルを持ったクライマーが日曜日で大勢います。

 

トソンサから石畳の山道を登ると、インスボンが正面に見える峠を過ぎ、警備隊ハウスとお寺の側を右に登るとインスボンの大スラブに出ます。

さらに、右上に50㍍程ガレ場を登ると、インスボンのシュナードBルートの取り付きです。

Ca3b0011ここは、インスボン・シュナードAの取り付きテラスです。トソンサから1時30分位で着きました。

Ca3b0012コードックウィキル稜の1ピッチ目、グレードは5.6のちょっといやらしいクラックです。(30㍍)

Ca3b0013コードックウィキル稜の2ピッチ目、易しいフェース(Ⅲ級+)を20㍍程

Ca3b0014岩のトンネル内をブロックを超えながら登ります。

Ca3b0015コードックウィキル稜の4ピッチ目、後続の韓国クライマー3人に先に登ってもらいました。

すっきりした綺麗な5.6の易しいコーナクラックですが、 足を強く入れると痛いです。最後はレイバックで20㍍。

Ca3b0018 5ピッチ目はインスボンの特徴的な耳岩の右側のハング下の凹角状の易しい快適なフェースⅢ級、30㍍


動画

Ca3b0021昨年のインスボンで雷に驚かされた耳岩。6ピッチ目は、コルの横のチムニー10㍍、5.7を登ると耳岩のコルに出ます。

Ca3b0025

7ピッチ目はコードックウィキル稜で、最も難しいと私的に感じているピトンスカーの浅い溝(15㍍)、ノーピンのランナアウトで5.7~5.8-は濡れていると最悪に感じます。

上部はフレークをレイバック登りで比較的易しいです。

Ca3b0027韓国クライマーが耳岩から、ヨセミテのロストアロースパイアーの様なチロリアンブリッジで登ってきました。

Ca3b0030

インスボン頂上のボルダーに昇って記念撮影しました。

Ca3b0033

インスボン頂上から白雲台を展望します。多くのハイカーが頂上付近を登っています。

白雲台から右のリッジが、ヨンチョウボン稜(2P、5.6、2時間)

手前の低いリッジは、スムンピック稜(4P、5.7、2時間) です。

今日は多くのクライマーがリッジクライミングを楽しんでいました。

Ca3b0034

インスボン頂上からの懸垂下降点はスラブを30㍍程クライミングダウンした突端にあります。

Ca3b0040懸垂下降をする、IN鼻さん、他パーティーのザイルがたくさん交差しています。

Ca3b0042 インスボン頂上からの懸垂下降の全容です。

60㍍ロープならば1回の懸垂下降で降りられます。

4月26日(月)
シュナードBルート登攀(6P、180㍍、5.8 ☆☆☆)

昨日とはうって変わって誰もいないインスボンの岩場、私たちだけの貸しきり状態です。それもそのはず天気予報は午後から雨の予報です。
昨年や今までの濡れた状態と違い快適に登れました。が後がいけません、耳岩の終了点から下降に移ったとたんすごい雨がざあざあ降り出し、あっとゆうまに沢くだり状態になりました。

霙交じりの雨にずぶ濡れで寒いののなんのロープの回収が大変でした。が何とか取り付きまで降りてきました。

やれやれ、ハーネスや用具を付けたまんま、警備隊のハウスに飛び込んで暖かいコーヒーを頂きました。

インスボンクライミングの動画<撮影:TK松さん>ありがとうございました
シュナードBルート2P目の登攀
シュナードBルート2P目の登攀
シュナードBルート2P目の登攀
シュナードBルート3P目の登攀
シュナードBルート3P目の登攀
4月27日(火)
ソウル市内、ミョンドンから南大門市場の市内観光→仁川空港→成田帰着
講習会のお知らせ

5月8日(土)~10日(月)の 北ア 鹿島槍東尾根

5月8日(土)~9日(日)の 北ア 白馬岳主稜

5月15日(土)~16日(日)の 富士山雪山講習会

5月22日(土)~23日(日)の 北ア 北穂高東稜

5月29日(土)~30日(日)の 北ア 奥穂高岳こぶ尾根

の参加者募集中です。

■上記以外の講習予定はこちらです。

ツェルマットアルピニストスクールのお問合せ、お申込み
■メール(メッセージの作成) zermatt4478as@mbp.nifty.com

 

■電話090-3214-8522■FAX043-255-4095

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月30日 (木)

韓国インスボンクライミング

今日は

写真はGW明けに掲載しました。スミマセン

4月25日(土)から28日(火)の4日間で韓国の首都ソウルから車で1時間程の北漢山(プッカンサン)国立公園内にある、リトルヨセミテと呼称される仁寿峰(インスボン810.5m)のクライミングに行きました。

Dsc03798

岩壁の比高は約300㍍、登攀ピッチは6ピッチ程になりクラック、スラブ、オーバーハング等で構成された花崗岩の大岩塔で印象的な明るいマルチピッチのルートです。

ルートは概ねスラブルートは長いランナアウトのボルトルートです。

クラック登攀では、ほとんどカムによるナチュプロクライミングです。

インスボンはトラッドクライミングが楽しめます。

4月25日(土)

 朝9時発のアシアナ航空で出発、仁川空港(インチョン)に2時間程で到着。空港からワゴンタクシーに5人で乗り(8万ウォン=6千円)牛耳洞(ウィドン)に2時間強で着きました。昨年も利用した安ホテルに宿をとり(1泊2千円)

牛耳洞(ウィドン)は、登山用具店や食堂、風呂屋、バス停などが多くあります。

白雲台に登るハイカーがたくさんいます。

Dsc03787

昨年も参加いただいたMR屋さんと、インドアロックやアイスクライミング場がある登山用具店”O2”で集合しました。

Dsc03789

午後からは降雨のため 食堂でジンロや野菜キムチを食べながら時間つぶしをしました。

4月26日(日)

Dsc03797牛耳洞(ウィドン)からタクシー(2300ウォン)に乗りトソンサ(道洗寺)に15分で着きます。トソンサはお釈迦様の誕生日が近いのか参拝者が多くいました。

インスボンの岩場には、良く整備された階段登り1時間で岩場の取り付きです 。

参加者は、昨年も参加した、M屋さん、藤さん、T海さん、T松さん、講師は桑原、UR君でした。

仁寿B(インスBルート)6ピッチ5.8(213㍍)のクラックルート

Dsc03799

インスBルートの1ピッチ目(5.7 40㍍)前日の雨でクラックが濡れていました。

Dsc03802

1ピッチ目の核心部は濡れ濡れでした。

Dsc03809 1ピッチ目上部のトラバース部分を頑張るTR海さん。

Dsc03811

2ピッチ目(5.6 30㍍)傾斜の緩いスラブのハンドクラックから上部のいやらしいオフウィズス(5.7)

Dsc03814

2ピッチ目の上部を登るMR屋さんです。

恐怖のオフウィドウスを登るための機械”デカキャメ”は嵩張るし重いしで大変です。

Dsc03821

2ピッチ目の上部を登るTK松さんです。

Dsc03825

3ピッチ目(5.8 30㍍)凹角内をハンドジャムで登る。手の小さい女性は登りにくい。

Dsc03826

4ピッチ目のスラブクラック(5.7 30㍍)

黄キャメを多く使うので、ランニングビレーは適度に間引きしてセットします。

 

Dsc03831_2

4ピッチ終了点のテラスから

ウジョンAルートを懸垂下降で下りました。

4月27日(月)

シューナードBルート 7ピッチ5.10d(A0) 197㍍を登ってきました。

Dsc03837 2ピッチ目のビレー点から後続を確保する。

皆のいる辺りのアンダークリングのテクニックが厳しいです。

Dsc03838 2ピッチ目のレッジに集合です。
Dsc03839 3ピッチ目は微妙なトラバースから快適なフレークのクライミング。
Dsc03842 4ピッチ目、大きな動きのチムニー(ランナアウト)。

Dsc03843 4ピッチ目上部のWクラック、どっちのクラックを使って登るのか難しい所です。

キャメのカムウォークで登ると快適なA0クライミングですが

Dsc03845

終了点手前(耳岩)のテラスでMR屋さん。インスボンクライミングは2回目でリラックスしてます。

Dsc03846

耳岩最後の10dのスラブを登りザイルを捲く。

この後に、怖い雷雲が押し寄せてきました。

 

急いで、ウジョンルートのテラスで待機の後、

すばやく懸垂下降4回で取り付きに戻りました。

4月28日(火)

白雲台に午前中に岩場ハイキングに行きました。ソウルや周辺の峰々が素晴らしく、道峰山が高く聳えていました。

夕方の飛行機で成田に到着し、インスボンツァーの解散となりました。

2010年の4月下旬にまたまたインスボンクライミングツァーしますよ~

今週はいよいよGWです。奥穂高岳や剣岳の雪山です。

雪山岩登りの講習会の参加者を募集中です。

☆今年の夏もモンブランと>マッターホルンに行きます。ぜひご参加下さい。

■スクールの新講習予定表を作りました。
雪山、アイスクライミング、雪壁登攀、ロッククライミングを一つの予定表にまとめてみました。ツェルマットアルピニストスクール(ZAS)お問合せ、お申込み■メール(メッセージの作成)■電話090-3214-8522

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

タイのプラナーン 2

こんにちは

先日の木・金曜日に城山に行きました。が満開でした。なんと平日にもかかわらずワイルドボアと、チューブロックに1パーティずつ4人のクライマーがいました。暖かい日差しと風で気持ちの良いこの日、UR君が今冬からトライしていた”白壁の微瑕12d”を本日2便目にRPできました。昨年の”12モンキー12b”からの自己最高グレード更新です。\(^o^)/

タイプラナーンツァー2です。

Dsc03542_2 親切な田村さんに、”ライレイ・イーストビーチ”にある”1・2・3エリア”を案内してもらいました。ウエストビーチからは約10分位です。白人のツァー客がタイのインストラクターにクライミングの講習を受けて楽しんでいました。この光景は中国桂林・陽朔の岩場の状況とまったく同じでした。

Dsc03547 ここのお薦め三ツ星ルート、メイクアウェイ5.10c”Make a way 6a+ 10bolt 25m ***”を登りました。下部のガバハングを超え中間部のスラビーのムーブが面白いルートでした。

帰りは、ライレイ・ウエストビーチからアオナン・ホテルへロングテールボートで帰りました。夕日がとても美しく感動物でした。でも、船代は夕方6時を過ぎると100バーツに値上がりしました。

Dsc03552

夕食はアオナン街のバンブーレストラン”アリババ”で田村さん、K山さん達と安くて(4人で800B)おいしいタイ料理を食べました。

タイプラナーンツァー3です。

Dsc03553

ライレイビーチから見た夕焼けのトンサイタワーです。

Dsc03554

帰路ボートからのアオナンタワーの夕焼けです。

Dsc03564 3月29日(日)晴れ アオナンからボートでライレイビーチへ。

今日はタイワンドタワーのクライミングです。ライレイビーチからジャングルの中を登り15分程でライレイビーチの眺めの良い取り付きのテラス。

Circus Oz 6a+ 6bolts,2slings,25㍍☺を登る田村さん

Dsc03585_2

Monkey Love 6b 7slings,25㍍ ☺ を登る田村さん

Dsc03577_2

Fit to Be Thaid 6a+ 9bolts,25㍍ を登る田村さん

■スクールの新講習予定表を作りました。
雪山、アイスクライミング、雪壁登攀、ロッククライミングを一つの予定表にまとめてみました。ツェルマットアルピニストスクール(ZAS)お問合せ、お申込み■メール(メッセージの作成)■電話090-3214-8522

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 1日 (水)

タイのプラナーン

  こんにちは

すみませんブログの更新が大変遅くなりました。

m(. ̄  ̄.)mス・スミマセンでした。

1月から3月までのワンテン地獄のトライ疲れでやれやれな気分でしたが、3月25日に伊豆城山でトライしていた”白壁の微瑕”12dが何とか登れました。

Dsc03502

3月27日(金)から4月1日(水)の6日間で、タイのリゾートクライミングの通称プラナーンに行きました。成田空港からタイ航空の5時間のフライトでバンコク空港に着き、乗り継ぎ便でプーケット空港に夕方5時に着きました。熱いです30度あります。プーケット空港からお迎えのワゴン車で2時間強でアオナンビラリゾートホテルに午後9時頃着きました。

Dsc03545 もう10年前位に”ロクスノ”にY江さん達に紹介されてから大人気の岩場です。なかなか行く機会がなく今回はエイヤット頑張って(そんなに気張る必要はありませんが)ヤット行くことが出来ました。

紺碧の海と広い空、白い砂浜と石灰岩の岩壁のコントラストは、城が崎に二子山が合体したような所です。行ってみた感想は、やはり皆さんが言うように”クライマーの楽園”でした。

Dsc03515 ここは、2日目の朝のアオナンビーチです。この美しいビーチに着きました。今回はホテルの関係でアオナン・タウンから岩場に”ロングテールボート”で向かいます。

Dsc03518

これが”ロングテールボート”です。トンサイ・ビーチまで約20分で片道80バーツ(240円位)です。桟橋はありませんので、海の中を膝上位をバシャバシャと裸足で乗り込みます。最低8人が集まると出発です。

Dsc03524穏やかな美しい海のを、テールボートの剥き出しのエンジンの音を聞きながら渡ると、”トンサイ・ビーチ”の岩壁がまじかに見えます。

Dsc03526_2

まずは、満潮時のトンサイ・ビーチの大ルーフ下を海の中をトラバースして、ダムズキッチン・エリアに向かいます。

Dsc03530 三ツ星ルート”ライオンキング”11cをトライしました。実はこの時は、トポ(ルート図)がないたために良くわからず、薄かぶりの壁にガバなフレークがあるので「面白そうだな~、10クラスかなー」と思い取り付きました。それがなんのなんの大変でした アンダーフレークは足がツルツルで、ランアウトは長く恐怖で、最後の縦フインガーをやはりツルツルの大理石化したスメアーでキョン足で回し、ガバに飛びつき終了でした。

Dsc03533_2  ライオンキング11C”は敗退して、次のエリアに移動することになり、岩場に沿って登り降りのジャングル道を15分程歩きます。

Dsc03535_2

こここはタイワンド・タワーが聳え立ちかっこいい場所です。かし、高級リゾート地でとてもバッチイクライマーが居れる雰囲気ではありません。後で確認すると”ライレイ・ウエストビーチ”でした。

Dsc03539_2

途方に暮れながらレストランでビールとアイスコーヒーを飲み、海老とチキンの変なクラゲのようなヌードルを食べていると、ホットロッククライミングショップから、ほとんど現地人化した”クライマー”が現れました。お互いに「ジャパニーズ?」訊くと「そうです」。「おー良かった、ラッキー

彼こそ、”ミスタープラナーン”の田村博さんです。もう、5年間、毎年2月~4月迄三ヶ月間、アオナン・タウンのアパートに住んでクライミング三昧をしているそうです。

続く・・・・・・・

■スクールの新講習予定表を作りました。
雪山、アイスクライミング、雪壁登攀、ロッククライミングを一つの予定表にまとめてみました。

ツェルマットアルピニストスクール(ZAS)

お問合せ、お申込み■メール(メッセージの作成)■電話090-3214-8522

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月27日 (木)

中国陽朔のクライミング

中国陽朔のクライミングツァー

2008年11月22日(土)~26日(水) 5日間

参加者=IM村さん、HR瀬さん、U田さん、桑原

11月22日成田→広州→桂林に(ホテル泊)

Dsc0312311月23日 桂林→陽朔着11時(15元・1時間30分)

宿泊は昨年と同じ”新西街大酒店”

新西街の繁華街、たくさんのレストラン、みやげ物店、旅館、露天商があります。

Dsc03256 午後から"貸しママちゃり"でサイクリング、20分程の拇指岩峰エリアに着き初日のクライミング。蝶々、ワインボトルエリアが近い。
1.Happy New Year 5.9 25㍍、
2.Technical Exercise 5.9+ 21 ㍍、
3.Name? 5.9?カンテ、B×2本

Dsc03147 4.ブラックJJ(ガングロ)top rope10c
このルートはTechnical Exercise右の黒いフェースが未登なので、トップロープでトライしました。
カチ系の乗り込みテクニカルルートです。その他、取り付きの凹角ルーフ5.9+5㍍も水平ハングの課題を作りました。

Dsc03168

11月24日は月亮山エリア(自転車で40分)でクライミングです。

月亮山公園入り口で15元を支払い入園です。
30分程の石の階段をゼーハーでドーム下のテラスへ、

Dsc03195 1.アップはMuka 11a sport ☆☆
2.次はName?11c sport ☆☆です。
07’年の時には真ん中位であきらめたMAIちゃん、今年はワンテンでトップアウトしました。
うん成長しましたねーパチパチ

Dsc03231

11月25日は拇指岩峰エリアで4ピッチのマルチクライミング。

Happy New Year
1ピッチ目 5.9 sport 27㍍
2ピッチ目 5.8 sport 22㍍
3ピッチ目 5.9 sport 22㍍ ハンギングビレー
4ピッチ目 5.9 sport 22㍍ レッジ
5ピッチ目 10b クラックは時間切れでした。
下降は50㍍、2回の空中懸垂で取り付きに。

Dsc03254 やはりマルチクライミングは緊張感と充実感がありますねー
自転車でホテルに戻り、午後2時30分の桂林行きバスに乗り
桂林駅前からタクシー空港まで80元で行きました。
空港から広州まで飛行機、夜10時に近くのホテルへ宿泊

11月26日に、広州空港発10:00から成田に午後に帰りました。

ツェルマットアルピニストスクールのホームページへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)