ZAS黒戸山荘

2013年7月19日 (金)

夏の雲とほたるふくろの花

■9月1日 ZAS山荘に行ってきました。
山荘のベランダから見る、金峰山と茅が岳にかかる雲と夕日がとっても美しかったです。
Dsc07693_2

・お隣のT嶋さんの家庭菜園から美味しい””胡瓜と茄子をいただきました。
Dsc07702




・玄関脇のスペースに赤ベンチを置いてみました。
Dsc07698_2




・冬の季節にストーブの燃料になる薪を買ってきました。
Dsc07695




東京では残暑が厳しいですがZAS山荘の周辺は涼しく秋の気配がしてきました。
               *


■7月14日 
18:00 ベランダから茅が岳と金峰山を見ました。夏の雲が美しいでした。
Dsc02166
17:59 ほたるふくろの花が咲いていました。
Dsc02165
7:45 山荘の玄関脇のスペースが広くなってきました。
Dsc02082

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月18日 (月)

無風快晴の赤岳

●すみません、メールアドレスが変更になりました。
■メール(メッセージの作成)zermatt4478as@mbf.nifty.com

講習場所=南八ヶ岳 赤岳登頂
期 日=2013年3月16日(土)~17日(日) 前夜発1泊2日
参加者=S田M子さん(初)、T内S香さん(初)、M崎EM子さん(初)、K峰さん(初)、N島さん(初)、S口Tさん(初)、K原さん(初)、K崎さん(初)、K林さん(初)、T門さん(初)、T橋さん(2)、N井サブリーダー(15)、M永リーダー(28)、( )内は参加回数です。
ZASでは参加回数と習熟度に応じて、サブリーダー(SL 12回以上)リーダー(L 24回以上)チーフリーダー(CL 36回以上)と認定させていただいてます。

■3月15日(金) 天候=晴れ
コース=新宿駅22時集合~須玉インター24時~ZAS山荘25時(宿泊)
0:35 ZAS山荘の居間と2階の寝室です。
Dsc08810Dsc08813
*
■3月16日(土) 天候=快晴
コース=ZAS山荘8:15~小淵沢駅9:00~美濃戸口10:09~赤岳山荘~赤岳鉱泉(宿泊)
8:16 すっかり春めいたZAS山荘の木々です。春霞の中に茅が岳と金峰山、ミズガキ山が見えました。
Dsc08818Dsc08819
                     *
Dsc0882110:09 小淵沢駅9:00現地集合2名~美濃戸口現地集合3名で合計12名で出発です。


Dsc0882511:42 美濃戸の赤岳山荘で休憩と食事をしました。



13:19 林道終点の北沢堰堤から45分位で大同心・小同心の岩峰が迎えてくれます。
Dsc08830Dsc08831
13:53 赤岳鉱泉に到着しました。アイスキャンディの氷壁にT下C恵さんが登っていました。頑張りますねー
Dsc08836
■赤岳鉱泉到着後は晴天で暖かな陽気で、休憩もそこそこにアイスキャンディ周辺で、ピッケル・アイゼンワークやラッセル、滑落停止、耐風姿勢、アイスクライミングの訓練の講習を行いました。
14:41 恒例のピッケルとアイゼンのコンビネーションで氷化した危険な斜面の通過のしかたを練習しました。
Dsc08842
Dsc0885915:22 雪が締っていて、ラッセル訓練の腿深、腰深、胸深の脛深の膝当て押し込みラッセルしかできませんでした。ピッケル支点と膝当てのリズムと雪固めのしかたを練習しました。
15:38 恒例の滑落停止訓練です。これはパターン3番目の前のめり滑落停止です。
Dsc08865
15:57 耐風姿勢の練習を登りと危険な下降の場合とに行いました。
Dsc08869
16:20 アイスクライミングの体験をしました。
Dsc08887
Dsc08882_216:29 二組に分かれて登る方と、ビレイヤー(確保者)に分かれて練習しました。



18:26 夕食前に皆でビールで乾杯いたしました。
Dsc08894
17:34 赤岳鉱泉の夕食です。M永リーダーとN井サブリーダーは経験豊富な方です。
Dsc08896Dsc08895
19:09 夕食後はロープの結び方の練習をしました。
Dsc08899
20:19 Y岡リーダーと友人の方に赤岳鉱泉でお会いしました。夜に美味しい”焼酎”を差し入れていただきました。
ありがとうございます。消灯時間まで盛り上がっていました。
Dsc08861Dsc08900
                     *
■3月17日(日) 天候=快晴
コース=赤岳鉱泉8:34~行者小屋~(文三郎道)~赤岳~展望荘~(地蔵尾根)~行者小屋~赤岳鉱泉~赤岳山荘~美濃戸口~小淵沢延命の湯~新宿駅(解散)
6:21 赤岳鉱泉の朝食です。(左)
7:34 赤岳鉱泉から出発です。(右)
Dsc08904Dsc08906
8:05 中山峠を越えて行者小屋に着きました。左は赤岳、右は阿弥陀岳です。
Dsc08907Dsc08908
9:13 行者小屋から1時間くらい登りました。赤岳西壁の岩壁がまじかに見えます。
Dsc08914
Dsc089189:17 赤岳主稜取り付き下の急斜面です。ピッケルのピックを突き刺しながら登ります。


10:26 阿弥陀岳(右)と中岳のコルに中アの宝剣岳や木曽駒ケ岳が見えます。
Dsc08925
Dsc089289:32 文三郎道のトラバースを早い登頂パーティが下ってきます。




9:40 中岳の分岐付近から権現岳、その奥に右から北岳、甲斐駒ケ岳、千丈岳が見えます。
Dsc08930
Dsc089359:52 文三郎道はここから岩場の道になります。阿弥陀岳の背後に木曽御嶽山や乗鞍岳、穂高岳、槍ケ岳、後立山連峰が広がります。

9:57 過去に最も滑落死亡事故の多い遭難現場を通過します。
Dsc08936
10:06 権現岳に分岐する稜線したの鎖場を登っています。
Dsc08941
10:10 岩場を登りきると赤岳頂上直下のプラトーにでます。富士山が迎えてくれます。
Dsc08945
Dsc08950富士山の見えるプラトーからアイゼンの前爪を岩に乗せて登る岩場になります。



10:21 快晴無風の赤岳頂上に到着です。
Dsc08955
Dsc0896610:51 赤岳北峰頂上の小屋を後に展望荘に急な雪斜面を下ります。



10:46 南八ヶ岳の峰々が見えます。
Dsc08965
Dsc0897711:26 赤岳頂上から下降して展望荘を過ぎました。



11:30 地蔵尾根の分岐から危険な細い岩稜と雪稜を下ります。
Dsc08982_2
Dsc0898911:38 地蔵尾根の最も危険な雪の急斜面のトラバース地点です。



13:18 赤岳鉱泉でゆっくり休憩して美濃戸に北沢コースから下山です。
Dsc09002
14:31 赤岳山荘で美味しい牛丼を食べました。山荘の愛犬”ポッコ”です。
Dsc09003Dsc09004


参加者の皆さん天気が良くて気持ちの良い山行になりました。
ありがとうございました



ツェルマットアルピニストスクール講習会の参加者募集中です。


■3月30日(土)~31日(日) 八ヶ岳 バリエーション登攀
■4月6日(土)~7日(日) 雪の西穂高岳登頂
■4月13日(土)~14日(日) 雪の富士山登頂
■4月13日(土)~14日(日) 八ヶ岳 赤岳 主稜登攀
■4月20日(土)~23日(火) 韓国インスボン岩登り講習
■4月27日(土)~28日(日) 北ア 白馬岳 主稜登攀
■5月1日(水)~3日(金) 北ア 雪の奥穂高岳登頂
■5月4日(土)~6日(月) 北ア 雪の剣岳登頂
■5月11日(土)~12日(日) 雪の富士山登頂
◎印は催行決定です、▲印は募集中です
■上記以外の講習予定はこちらです。
■メール(メッセージの作成)zermatt4478as@mbf.nifty.com
■携帯電話メールzermatt-4478as@ezweb.ne.jp
■電話090-3214-8522■FAX043-255-4095

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 3日 (日)

八ヶ岳 美濃戸口アイスクライミング2回目

●すみません、メールアドレスが変更になりました。
■メール(メッセージの作成)zermatt4478as@mbf.nifty.com


講習場所=
■期 日=2013年3月1日(金)~2日(土)・前夜発日帰り
参加者=N村SAKIさん(初)、Y田さん(8+B3)、Y口さん(5+B1)、A井サブリーダー(14+S2)、G藤リーダー(31+H1)
( )内は参加回数です。
ZASでは参加回数と習熟度に応じて、サブリーダー(SL 12回以上)
リーダー(L 24回以上)と認定させていただいてます。

■3月1日(金) 天候=曇り
コース=新宿駅22時集合~須玉インター24時~ZAS山荘25時(宿泊)
Dsc08386・ZAS山荘の周辺の雪もだいぶ少なくなりました。ボクシーも林道から入れました。

*

■3月2日(土) 天候=晴れ
コース=ZAS山荘~小淵沢コンビニ~八ヶ岳山荘(美濃戸口)~美濃戸口アイス~八ヶ岳山荘~小淵沢延命の湯~新宿駅(解散)
9:30~9:56 八ヶ岳山荘(美濃戸口)でアイスクライミング用具を着けて出発です。
Dsc08388_2Dsc08389
10:54 初心者エリアで登りました。
Dsc08392Dsc08393
11:28 岩場の基部でアイスバイルを利用した”スタンデングアックスビレイ”の確保システムの練習をしました。
Dsc08397Dsc08398
Dsc08401
12:09 アバラコフ式のアイスアンカーを作成して懸垂下降とシャントの自己脱出のしかたです。
Dsc08412
12:20 G藤リーダー(31+H1)が懸垂下降から仮固定のデモをしてくれました。インドアで模擬的に習得した技術を現場で実践的の応用してみました。
Dsc08416
12:11 アイスクライミングの基本姿勢やアイスバイルの振り方を習いながら登りました。
Dsc08413
12:25 雪山やアイスルートに必須なアバラコフアンカーの作り方を実践しました。
Dsc08421Dsc08420
12:46 アバラコフアンカーで懸垂下降や自己脱出の練習をしました。
Dsc08422
懸垂下降から仮固定をして、ロープドラッグ等を直す練習をしました。
Dsc08427Dsc08428
15:19 八ヶ岳山荘で昼食の後は、初級者エリアに隣接する”ツララ”のエリアで登りました。
Dsc08437
15:22 初参加で雪山2回目のN村SAKIさんにアイゼン・ピッケルの使用法や滑落停止訓練をしてもらいました。
Dsc08438Dsc08467
15:36 アイスバイルを斜面の傾斜や硬度に応じて持ち方を変えます。
Dsc08442Dsc08445
・アイスクライミングのムーブは傾斜やバイルのホールディング、バイルやアイゼンの位置バランスによって動作を変化させます。
Dsc08449Dsc08451

Dsc08452

Dsc08453Dsc08454


16:26 アイス講習の最後はロープのまとめ方の練習をしました。
Dsc08473

16:38 初心者アイスの下で記念写真を撮りました。
Dsc08477


ツェルマットアルピニストスクール講習会の参加者募集中です。


■3月9日(土)~10日(日) 八ヶ岳 ジョーゴ沢アイス
■3月9日(土)~10日(日) 雪の富士山登頂
■3月16日(土)~17日(日) 八ヶ岳 赤岳 登頂
■3月23日(土)~24日(日) 八ヶ岳 赤岳 南峰リッジ登攀
■3月30日(土)~31日(日) 雪の御嶽山登頂
■3月30日(土)~31日(日) 八ヶ岳 中山尾根登攀
■4月6日(土)~7日(日) 雪の西穂高岳登頂
■4月20日(土)~23日(火) 韓国インスボン岩登り講習
■8月18日(日)~25日(日) アイガー東山稜 8日間
◎印は催行決定です、▲印は募集中です
■上記以外の講習予定はこちらです。
■メール(メッセージの作成)zermatt4478as@mbf.nifty.com
■携帯電話メールzermatt-4478as@ezweb.ne.jp
■電話090-3214-8522■FAX043-255-4095


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月27日 (水)

極寒の八ヶ岳、赤岳南峰リッジ

●すみません、メールアドレスが変更になりました。
■メール(メッセージの作成)zermatt4478as@mbf.nifty.com

講習場所=八ヶ岳 赤岳南峰リッジ登攀
■期 日=2013年2月22日(土)~23日(日)
参加者=O田Aさん(2+B1+N)、Y口さん(4+B1)、M田さん(7+M2)、Y田さん(7+B3)、タクマロサブリーダー(13+S2)、M永リーダー(27+S3)、M本コーチ(61+I=30)
( )内は参加回数です。
ZASでは参加回数と習熟度に応じて、サブリーダー(SL 12回以上)リーダー(L 24回以上)と認定させていただいてます。

■2月22日(土) 天候=曇り
コース=新宿駅20時集合~須玉インター22時~ZAS山荘23時(宿泊)
Dsc0825822:53 ZAS山荘でビールを飲みながら身の上話に花が咲きました。



Dsc08259タクマロさんが個人輸入していただいた、M永さん購入のスプリングカム(キャメロット)の10個セットです。

■2月23日(日) 天候=曇り
コース=ZAS山荘発5:00~赤岳山荘~行者小屋~(文三郎道)~南峰リッジ~行者小屋~赤岳山荘~小淵沢延命の湯~新宿駅(解散)
7:19 赤岳山荘から出発です。ZASのリーダークラスが勢揃いです。
Dsc08261
Dsc082628:38 赤岳山荘から1時間で南沢大滝の分岐点で休憩をしました。



Dsc0826510:10 厳寒の行者小屋でクライミングギアーを身に付けました。マイナス15度です。


10:27 雪雲がとれて雪の赤岳が見えました。降雪はありませんが厳しい寒さです。
Dsc08266
Dsc0826711:05 行者小屋から1時間で赤岳主稜の取り付きでアンザイレンしました。


11:06  寒冷なガスがあがって赤岳が見えてきました。右から、赤岳ショルダーリッジ、中央が主稜、右の小さい尾根が南峰リッジです。
Dsc08270
11:08 皆さん寒そうですねー、顔面がぴりぴりして凍傷になるようです。
Dsc08271Dsc08272
11:48 文三郎道の中間部から中央に聳える岩峰に向かって南峰リッジの登攀が始まりました。M本コーチが登攀のトップでロープを100メートルで1ピッチ登っています。
Dsc08273
Dsc0827511:48 タクマロサブリーダーが肩確保をしています。




11:48 セカンド以下後続のメンバーも寒さに耐えてトップのクライミングを見守っています。
Dsc08276
12:01 全員が南峰リッジの1ピッチ目を風と寒さに耐えて登って来ました。
Dsc08277
12:02 標高が上がりガスと吹き付ける寒風で凍傷や低体温症の可能性が強くなってきました。
Dsc08279Dsc08280
12:02 タクマロサブリーダーに指示して全員急斜面を下降することにしました。
Dsc08278

Dsc0828112:42 急階段まで降りると強風は止みましたが寒さは厳しい(ー22℃)ものです。



12:53  急階段下の樹林帯でアンザイレンを解いて小休止の後、行者小屋に降りました。
Dsc08283
15:00 行者小屋から南沢を下って赤岳山荘で”肉うどん”を頂ながら休憩しました。
15:37 人工氷壁でアイスクライミングの訓練をしました。
Dsc08285
15:56 ノミックで快適に登るM田さん(左)とM永リーダーです。
Dsc08287Dsc08288
16:02 O田さん(左)とM永リーダーです。
Dsc08290Dsc08293
16:18 全員登った後で記念写真を撮りました。
Dsc08295
Dsc0829616:35 赤岳山荘からの帰り際に鹿が現れました。おばちゃんが餌付けしているようです。



Dsc0829917:20 八ヶ岳講習の帰りに入浴する小淵沢道の駅にある”延命の湯”で冷えた体を暖めました。
*

厳寒の赤岳南峰リッジの体験は極限の寒さが自身の行動にどう影響があるか身をもって感じたと思います。
この日は、横岳の縦走路を登っていた3人パーティが遭難してしまいました。ご冥福を祈ります。


ツェルマットアルピニストスクール講習会の参加者募集中です。


■3月9日(土)~10日(日) 八ヶ岳 ジョーゴ沢アイス
■3月9日(土)~10日(日) 雪の富士山登頂
■3月16日(土)~17日(日) 八ヶ岳 赤岳 登頂
■3月23日(土)~24日(日) 八ヶ岳 赤岳 南峰リッジ登攀
■3月30日(土)~31日(日) 雪の御嶽山登頂
■3月30日(土)~31日(日) 八ヶ岳 中山尾根登攀
■4月6日(土)~7日(日) 雪の西穂高岳登頂
■4月20日(土)~23日(火) 韓国インスボン岩登り講習
■8月18日(日)~25日(日) アイガー東山稜 8日間
◎印は催行決定です、▲印は募集中です
■上記以外の講習予定はこちらです。
■メール(メッセージの作成)zermatt4478as@mbf.nifty.com
■携帯電話メールzermatt-4478as@ezweb.ne.jp
■電話090-3214-8522■FAX04


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月18日 (月)

楽しかった赤岳登頂

●すみません、メールアドレスが変更になりました。
■メール(メッセージの作成)zermatt4478as@mbf.nifty.com

講習場所=八ヶ岳 雪の赤岳登頂
期 日=2013年2月16日(土)~17日(日) 前夜発1泊2日
参加者=S藤Y香さん(初)、S本さん(初)、H沢さん(初)、U川さん(初)、E藤さん(初)、S井さん(初)、G藤リーダー(31)( )内は参加回数です。
ZASでは参加回数と習熟度に応じて、サブリーダー(SL 12回以上)
リーダー(L 24回以上)チーフリーダー(CL 36回以上)と認定させていただいてます。

■2月15日(金) 天候=雪
コース=新宿駅22時集合~須玉インター24時~ZAS山荘25時(宿泊)
0:40 ZAS山荘のG藤リーダー、S本さん、H沢さんです。
Dsc08074
*
■2月16日(土) 天候=曇り
コース=ZAS山荘時発~小淵沢駅~美濃戸口~赤岳山荘~赤岳鉱泉(宿泊)
7:41 雪の積もったZAS山荘です。
Dsc08078Dsc08076
10:16 美濃戸口のバス停で出発です。今回は大雪のため赤岳山荘まで車で入れませんでした。
Dsc08082
15:41 アイスキャンディの裾周りでアイゼンとピッケルの使い方の練習をしました。
Dsc08087
Dsc08088
16:00 テント場裏の急斜面を利用してラッセル訓練をしました。
16:30 同じ場所で滑落停止講習をしました。
17:00 アイスキャンデイで耐風姿勢(登りと降り)の練習をしました。
17:30 アイスキャンディでアイスクライミングボルダーをしました。
18:50 赤岳鉱泉の夕食です。
Dsc08089
Dsc08090Dsc08091
19:44 ZASの筆頭リーダーのM本さんとタクマロサブリーダーが参加していただき、ロープの結び方の講習会をしました。
Dsc08095Dsc08096
*
■2月17日(日) 天候=曇り時々晴れ
コース=赤岳鉱泉~行者小屋~(文三郎道)~赤岳頂上~(文三郎道)~行者小屋~赤岳鉱泉~美濃戸口~小渕沢”延命の湯”~新宿駅(解散)
7:28 赤岳鉱泉を出発しました。
Dsc08102_2
8:11 行者小屋に到着です。トイレを済ませて、ピッケルを用意しました。左が赤岳で右が阿弥陀岳です。
Dsc08108Dsc08109
9:18 赤岳主稜の取り付き付近で、安全のために、参加者の全員でロープスルーコンテニュアスでアンザイレンしました。
Dsc08113
8:28 鎖のある急登でピッケルを山側に突いてバランス良く登ります。
Dsc08120
9:48 風の強い中岳の分岐点を過ぎます。後方に阿弥陀岳や霧が峰、さらに奥に北アルプスの峰々が連なります。
Dsc08122
10:11 文三郎道で最も滑落の遭難が多い場所を通過しました。
Dsc08124
10:29 権現岳の銃走路の分岐点下を登ります。
Dsc08131
10:32 赤岳頂上直下の岩場を多くの雪山登山者が登っています。
Dsc08133
10:32 赤岳頂上直下に登りつくと、突然富士山が見えます。
Dsc08134
10:41 八ヶ岳 標高2,899 mの雪の赤岳頂上に着きました。
Dsc08139
Dsc0814110:45 産経新聞のカメラマンさんがA木ガイドと頂上に来ていました。全員の写真が新聞に載るそうです。

10:48 赤岳頂上からの展望です。右から岩峰の横岳、平らな硫黄岳、天狗岳、北横岳、蓼科山、美が原、北アルプスが見えます。
Dsc08144
11:08 文三郎道の下りは岩場が多く転落の危険があります。
Dsc08150
11:20 危険なトラバース地点は慎重に通過しました。
Dsc08152
11:56 赤岳主稜の取り付き付近まで降ってきました。
Dsc08157
12:22 梯子段の急な斜面を下降して樹林帯に入ってロープを外しました。
右から横岳や大同心、硫黄岳が見えます。
Dsc08158
Dsc08160大雪で埋まってしまった行者小屋を小屋番さんがユンボで雪かきをしていました。


13:35 始発点の赤岳鉱泉に戻ってきました。美しいアイスキャンディの前で全員集合です。
Dsc08164
*
参加者の皆さんありがとうございました


ツェルマットアルピニストスクール講習会の参加者募集中です。


■3月9日(土)~10日(日) 八ヶ岳 ジョーゴ沢アイス
■3月9日(土)~10日(日) 雪の富士山登頂
■3月16日(土)~17日(日) 八ヶ岳 赤岳 登頂
■3月23日(土)~24日(日) 八ヶ岳 赤岳 主稜登攀
■3月30日(土)~31日(日) 雪の御嶽山登頂
■3月30日(土)~31日(日) 八ヶ岳 中山尾根登攀
■4月6日(土)~7日(日) 雪の西穂高岳登頂
■8月18日(日)~25日(日) アイガー東山稜 8日間
◎印は催行決定です、▲印は募集中です
■上記以外の講習予定はこちらです。
■メール(メッセージの作成)zermatt4478as@mbf.nifty.com
■携帯電話メールzermatt-4478as@ezweb.ne.jp
■電話090-3214-8522■FAX043-255-4095

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年10月 6日 (土)

秋の日のZAS山荘

最近は震災のための樹林の伐採があちこちで見られます。棲家を失った鳥やトンボがZAS山荘周りに多く飛んできます。
*

先日登った瑞牆山の大ヤスリ岩が秋空に小さく見えました。写真では良く見えないですかねー
Dsc04662
*

Dsc04660ZAS山荘の玄関前のプレートを少し取り替えました。

*

ベランダの古椅子を緑色に塗って見ました。
Dsc04664_2
*


Dsc04670桜の木々が少し色ずいてきました。

Dsc04666水タンク100リッターを背負った4WDの軽トラは原野暮らしにはなくてはならないパートナーです。
*


Dsc04490ZAS山荘には先日の瑞牆山大ヤスリ岩クライミング講習で泊まりました。

*

そろそろ、薪ストーブに火を点ける季節が近くなってきました楽しみです。
でも、焚きつけの薪を一冬分を用意しなければなりませんのでたいへんです


ツェルマットアルピニストスクール講習会の参加者募集中です。

■10月20日(土)~21日(日) 北ア 錫杖岳 左方カンテ 登攀
■10月20日(土)~21日(日) 太刀岡山 左岩稜 クラック 
■10月27日(土)~28日(日) 中ア 宝剣岳 中央稜 登攀
■10月27日(土)~28日(日) 南ア 鋸岳登頂
■11月3日(土)~4日(日) 谷川岳 一の倉沢 中央稜
■11月3日(土)~4日(日) 北ア 雪の西穂高登頂
■11月10日(土)~11日(日) 二子山 中央稜 マルチ
■11月17日(土)~18日(日) 群馬 子持山 獅子岩マルチ


■クライミングと安全登山に役立つ
インドアクライミング講習
は入門・基礎/ビギナー/リード/マスターコースを対象に月曜から日曜日まで常時開催してます。

■上記以外の講習予定はこちらです。
■メール(メッセージの作成)zermatt4478as@mbp.nifty.com
■携帯電話メールzermatt-4478as@ezweb.ne.jp
■電話090-3214-8522■FAX043-255-4095

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 5日 (水)

夏のZAS山荘

9月1日 ZAS山荘に行ってきました。
山荘のベランダから見る、金峰山と茅が岳にかかる雲と夕日がとっても美しかったです。
Dsc07693_2

・お隣のT嶋さんの家庭菜園から美味しい””胡瓜と茄子をいただきました。
Dsc07702




・玄関脇のスペースに赤ベンチを置いてみました。
Dsc07698_2




・冬の季節にストーブの燃料になる薪を買ってきました。
Dsc07695




東京では残暑が厳しいですがZAS山荘の周辺は涼しく秋の気配がしてきました。
               *



ツェルマットアルピニストスクール講習会の参加者募集中です。

■9月14日(土)~16日() 剣岳・八峰縦走
■9月14日(土)~15日(日) 金峰山 小川山マルチクライミング
■9月21日(土)~23日() 北ア 槍ケ岳 北鎌尾根▲◎
■9月28日(土)~29日(日) 北ア 前穂高岳 北尾根
■9月28日(土)~29日(日) 甲府幕岩・太刀岡山左岩稜マルチクライミング
■9月28日(土)~29日(日) 北岳バットレス第四尾根登攀
■10月5日(土)~6日(日) ミズガキ山大やすり岩クライミング
◎印は催行決定です、▲印は募集中です
■上記以外の講習予定はこちらです。
■メール(メッセージの作成)zermatt4478as@mbf.nifty.com
■携帯電話メールzermatt-4478as@ezweb.ne.jp
■電話090-3214-8522■FAX043-255-4095

■クライミングと安全登山に役立つ
インドアクライミング講習
は入門・基礎/ビギナー/リード/マスターコースを対象に月曜から日曜日まで常時開催してます。


夏の間はヨーロッパアルプス講習で私はZAS山荘に泊まれません。

秋になったらゆっくりと、ベランダでお茶か紅茶を飲みながらのんびり過したいと思っています。

実は酒やビールは控えるようにと言われてしまいました。

ZAS山荘のホームページ

簡単なご案内を作りました。よろしかったらご覧下さい。

ZAS講習生の方々と楽しい一時です。
Dsc03286
下の駐車場は方向転換がしやすくなりました。
Dsc03062_3

朝の出発前のベランダのお茶は最高ですねー。
Dsc03327

ツェルマットアルピニストスクール講習会の参加者募集中です。

*すみません北ア 西穂~ジャン~奥穂高岳縦走が変更になりました。

■9月15日(土)~17日(祝) 北ア 西穂~ジャン~奥穂高岳縦走
■9月22日(土)~23日(日) 北ア 前穂高北尾根岩稜講習
■9月29日(土)~30日(日) ミズガキ山大ヤスリ岩峰マルチ
■10月6日(土)~8日(祝) 北ア 奥穂~ジャン~岳沢縦走
■10月6日(土)~8日(祝) 北ア 穂高屏風岩登攀
■クライミングと安全登山に役立つ
インドアクライミング講習
は入門・基礎/ビギナー/リード/マスターコースを対象に月曜から日曜日まで常時開催してます。

■上記以外の講習予定はこちらです。
■メール(メッセージの作成)zermatt4478as@mbp.nifty.com
■携帯電話メールzermatt-4478as@ezweb.ne.jp
■電話090-3214-8522■FAX043-255-4095

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月24日 (木)

冬の渇水対策

秋も深まり、甲斐駒ケ岳黒戸尾根横手口近くのZAS山荘周辺の広葉樹林の森が紅葉、黄葉に染まりとても美しくなりました。
山荘の展望テラスから眺めると茅が岳や金峰山が秋の澄んだ空気の中でとても近くに見えます。

Dsc07141昨年は冬に凍って出なくなった水道のために湯沸かし器やトイレ水で苦労しました。
今年は、500リッターの貯水タンクをホームセンターで買って、玄関の水道ポンプ脇に埋設いたしました。

Dsc07144
思ったよりも大きな穴を掘らなければなりませんでした。
小型ユンボは多大な労力が必要なスコップの手掘りに比べて、とても楽に穴が掘れます。
後は水道ポンプと三椏ソケットでコックを繋いで完成の予定です。

秋の1日、ちょっと疲れましたが懸案事項がひとつ解決しましたのでホットしました。

ZAS山荘の住所は、山梨県北杜市白州町横手(小日向)4423-8です。


ツェルマットアルピニストスクール
講習会の参加者募集中です。
■11月26日(土)~27日(日)子持山 獅子岩南壁
■12月3日(土)~4日(日)富士山雪山講習
■12月10日(土)~11日(日)中ア 宝剣岳雪山講習
■12月17日(土)~18日(日)谷川岳雪山講習
■12月17日(土)~18日(日)八ヶ岳 横岳 中山尾根
■12月24日(土)~25日(日)八ヶ岳 赤岳雪山講習
■12月29日(木)~30日(金)北ア 西穂高岳雪山講習
■12月31日(土)~1月1日(日)南ア 鳳凰三山雪山講習
■基礎インドアクライミング講習会は常時開催してます。
■上記以外の講習予定はこちらです。

■メール(メッセージの作成)zermatt4478as@mbp.nifty.com
■携帯電話メールzermatt4478@ezweb.ne.jp
■電話090-3214-8522■FAX043-255-4095


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月28日 (金)

ZAS山荘

講習会参加者が格安専用で宿泊ができる事になりました。

Dsc04387国道20号線の牧原交差点からZAS山荘に向かう途中から望む甲斐駒ケ岳。

正面の尾根が黒戸尾根。

■名称=ZAS山荘(白州山荘)
■場所=山梨県北杜市白州町横手小日向(標高820㍍付近)

■北緯35.46.57東経138.18.19
■地図= こちらです

■新宿から中央高速道2時間で”須玉インター”出てから14㌔の27分程で着きます。
甲斐駒ケ岳黒戸尾根の横手神社から600㍍程でZAS山荘ですが、目印が何もないため自力での到達は難しいです。
山荘から直接横手尾根に登れ笹平に登って行けます。(3時間)

■駐車場=4~5台可です。

■公共の温泉=白州町牧原(国道20号近く、山荘に来る途中)に ”むかわの湯”おじらの湯 があります。(山荘宿泊者は割引450円)
■宿泊費=2000円(素泊まり寝具付)
■食事=共同自炊(ガス、電気、水道、炊事道具と食器はあります)
※朝・夕食や酒代は実費を参加者の共同分担です。

Dsc_0052

標高は850㍍程で静かな森に囲まれた傾斜地にあります。

10名程が泊れる、小さな木造りの瀟洒な山荘です。

Dsc04380_2

から冬にかけて、ベランダや居間から樹林越しに、右に茅が岳、左に金峰山と瑞牆山、小川山が遠望できます。

Dsc04352甲斐駒ケ岳黒戸尾根横手口右尾根に位置しているので、北西風が当たらず寒くありません。

11月下旬迄も天気の良い時はベランダでお茶が飲めます。

Dsc043411階のDKから薪ストーブと地デジテレビです。

一階は、 薪ストーブの居間があり、キッチン、トイレ、風呂、2人用の寝室があります。

二階はロフトになっていて2人用寝室が2部屋、4人用1部屋があります。

Dsc03304

山荘のロフトから薪ストーブの居間で宴会の最中です。

Dsc04441

正面の玄関周りにカラープレートを200枚位敷きました。

■ZAS黒戸山荘を利用する講習会

主として、北アルプスの穂高や剣岳等の講習会の時に前夜発でいきます。
その時の宿泊場所として利用します。

スノーシュー登山
北八ヶ岳、霧ヶ峰、蓼科山、入笠山、飯守山他

雪山登山
八ヶ岳、甲斐駒ケ岳、鳳凰三山、宝剣岳、天狗岳、乗鞍岳、御嶽山

アイスクライミング
甲斐駒ケ岳黄蓮谷、湯川、八ヶ岳周辺のエリア、上荒井沢 

クライミングスクールの講習会の時も利用します。
太刀岡山、三つ峠、小川山、瑞垣山

●過去に講習会に参加いただいた方も泊まれますのでご連絡下さい。

ツェルマットアルピニストスクールのお問合せ、お申込み

Cocolog_oekaki_2010_03_01_23_32

| | コメント (0) | トラックバック (0)